ページの先頭です

報道発表資料 環境局における新型コロナウイルス感染症患者の発生について

2020年11月20日

ページ番号:519370

問合せ先:環境局事業部事業管理課(06-6630-3220)

令和2年11月20日 10時50分発表

 環境局西北環境事業センターに勤務している職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが、令和2年11月19日(木曜日)に判明いたしました。

 西北環境事業センター内並びに当該職員が乗車していた車内の消毒作業は、11月18日(水曜日)に実施しております。

1 当該職員に関する情報について

    ・  所管保健所所在地 奈良県

    ・  勤務地 大阪市環境局西北環境事業センター(大阪市西淀川区大和田2-5-66

    ・  職種 技能職員

    ・  職務概要 ごみ収集業務

2 経過・症状

11月15日(日曜日) 勤務なし、症状なし

11月16日(月曜日) 勤務、症状なし

11月17日(火曜日) 勤務、体の節々の痛みあり

11月18日(水曜日) 以降勤務なし、PCR検査を実施

11月19日(木曜日) 陽性と判明

3 その他

 当該職員は、常時マスク着用のうえ業務を行っていました。

 出勤した11月16日(月曜日)及び11月17日(火曜日)は、市民と接する業務は行っておりません。

 当該職員は、陽性が判明している職員(令和2年11月19日公表済み)の濃厚接触者と指示された職員5名のうちの1名であり、当該職員以外の職員4名は自宅待機及び健康観察を行っており、PCR検査を実施する予定です。

 なお、同一職場で陽性が判明している職員(令和2年11月17日公表済み)の濃厚接触者とは指示されていませんでした。

 今後、保健所の指示・指導に従い適切に対処してまいります。

探している情報が見つからない