ページの先頭です

報道発表資料 環境影響評価技術指針を改定しました

2021年4月28日

ページ番号:533567

問合せ先:環境局 環境管理部 環境管理課(06-6615-7630)

令和3年4月28日 14時発表

 大阪市は、このたび環境影響評価技術指針を改定しましたので、お知らせします。

 本市では、持続可能な開発目標(SDGs)を掲げる「持続可能な開発のための2030アジェンダ」や地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」の採択など、国際的な潮流を背景として、令和元年12月に「大阪市環境基本計画」を改定し、SDGs達成に貢献する環境先進都市の実現をめざすことといたしました。
 本市の環境影響評価制度は環境基本計画の目標達成に資することをめざしており、SDGs達成への貢献を開催目的とする2025年日本国際博覧会をはじめ、市域の大規模事業における環境配慮の中にSDGsの考え方を活かしていくことが求められています。
 こうしたことから、環境影響評価が適切に行われるよう技術的な事項を定めた「環境影響評価技術指針」を改定し、令和3年4月30日(金曜日)から施行します。

 今後、新たな技術指針を踏まえ、SDGs達成に向けた事業者の取組を促進し、革新的技術の導入によるイノベーションの創出や、分散型電源等による防災面の強化など、経済、社会、環境の統合的な向上につなげてまいります。

主な改定の内容

環境影響評価技術指針の主な改定の内容

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

環境影響評価技術指針(改定版)

参考資料

意見公募の実施結果について

 令和3年3月24日(水曜日)から4月22日(木曜日)の期間、意見公募を実施しましたが、ご意見は寄せられませんでした。意見公募については、大阪市ホームページ「環境影響評価技術指針の改定について」をご覧ください。

探している情報が見つからない