ページの先頭です

報道発表資料 大阪市役所本庁舎において再生可能エネルギー100パーセント電気を導入します

2021年7月16日

ページ番号:538546

問合せ先:環境局 環境施策部 環境施策課(06-6630-3209)

令和3年7⽉16⽇ 9時発表

 大阪市では、大阪市地球温暖化対策実行計画(令和3年3月26日報道発表済み)において令和32年(2050年)までに温室効果ガス排出量実質ゼロを達成する脱炭素社会「ゼロカーボン おおさか(実行計画から抜粋)」の実現を掲げています。

 このたび大阪市は、市民、事業者のみなさまに先んじて排出量削減の取組を推進するため、大阪市役所本庁舎で使用する電気に、再生可能エネルギー100パーセント電気を導入するため、事業者を募集します。

 この取組により温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を、約2,800トン削減することが可能となります。

 大阪市は、自らが再生可能エネルギーを導入することで「再エネ100宣言 RE Action」アンバサダー(令和3年3月31日報道発表済み)として、企業等による再生可能エネルギー電気の導入を促進すると共に、大阪の成長につながる脱炭素社会の実現に取り組んでまいります。

1 対象施設

大阪市役所本庁舎(⼤阪市北区中之島1-3-20

2 導入期間

令和3年12月1日(水曜日)から令和4年11月30日(水曜日)まで

3 契約電力・予定使用電力量

  • 契約電力:3,100キロワット
  • 予定使用電力量:6,569,254キロワットアワー

4 入札情報

 仕様書等、入札の詳細情報については「入札契約情報」のページをご確認ください。
 (注)市役所本庁舎については、今回実施する「大阪市役所本庁舎で使用する再生可能エネルギー100%電気(特別高圧電力)の調達 ほか5件」のうちの一つ、「第1グループ」で実施します。

探している情報が見つからない