ページの先頭です

報道発表資料 大阪港におけるヒアリの確認について

2021年7月16日

ページ番号:540458

問合せ先:環境局環境施策部環境施策課(06-6630-3209)、大阪港湾局総務部総務課(06-6615-7701)、危機管理室危機管理課(06-6208-9802)、健康局健康推進部⽣活衛⽣課(06-6208-9980)

令和3年7月16日 14時発表

同時資料提供:環境省記者クラブ

 環境省が令和3年7月11日(日曜日)に大阪港で実施した調査において確認されたアリについて、専門家による同定の結果、7月13日(火曜日)に特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)であることが確認されましたので、お知らせします。

 本件は、環境省が毎年実施している定期的な全国港湾調査において確認されたものです。

 平成29年6月の国内初確認以降、これまで国内でのヒアリの確認事例は令和3年7月16日(金曜日)現在で16都道府県、計68事例です。

1 経緯

7月11日(日曜日)
  • 環境省が実施する全国港湾調査の大阪港での調査において、調査事業者がコンテナヤード内の離れた2か所の舗装面でヒアリと疑わしいアリを各100個体程度及びそれぞれ舗装の継ぎ目への出入りを確認しました。
  • 調査事業者が確認箇所周辺に殺虫餌(ベイト剤)を設置しました。
  • 環境省が専門家に同定を依頼しました。
7月12日(月曜日)
  • 環境省近畿地方環境事務所が現地調査を実施しました。
  • 環境省近畿地方環境事務所が確認箇所周辺に殺虫餌(ベイト剤)を追加設置しました。
7月13日(火曜日)

 専門家が当該アリについて、 1か所がヒアリ、もう1か所がアカカミアリであることを確認しました。

2 今回確認されたヒアリについて

 確認されたアリは、ヒアリの働きアリ100個体程度です。

3 今後の対応

 環境省では引き続き、発見場所において目視やトラップによる調査及び防除を、施設管理者等と協力して実施します。

 なお、環境省から当該港湾の管理者である大阪市に対しては、以下のとおり依頼がありました。

  • 今回ヒアリの確認があったことから、当該コンテナヤード及びその周辺の点検等を適宜実施すること。
  • ヒアリやアカカミアリを含むヒアリ類と疑わしいアリをコンテナや積荷で確認した場合は、密閉等により逸走を防ぎ、完全に駆除等が確認されるまでは移動を避けるよう留意するとともに、その点につき関係者にも徹底を依頼すること。
  • 今後、環境省等が実施する調査に協力すること。
今回確認されたヒアリの画像

今回確認されたヒアリ

今回ヒアリが発見された場所の地図

今回ヒアリが発見された場所

大阪市における問合せ先

  • 特定外来生物に関すること 環境局環境施策部環境施策課(06-6630-3467
  • 港湾の管理に関すること 大阪港湾局総務部総務課(06-6615-7705
  • 市の危機管理に関すること 危機管理室危機管理課(06-6208-7387
  • 健康被害に関すること 健康局健康推進部生活衛生課(06-6208-9981

探している情報が見つからない