ページの先頭です

報道発表資料 令和4年度大都市減量化・資源化共同キャンペーンを実施します

2022年9月22日

ページ番号:579592

問合せ先:環境局 事業部 家庭ごみ減量課(06-6630-3230)

令和4年9月22日 14時発表

同時資料提供:各政令指定都市記者クラブ、東京23区記者クラブ

 大阪市では、国が定める3R推進月間(注)である10月に、17政令指定都市及び東京23特別区と連携して「大都市減量化・資源化共同キャンペーン」を実施します。

 この事業は、ごみの減量化・資源化の推進は継続的に取り組まなければいけないとの共通認識に基づき、大都市が連携して「ごみの減量化・資源化」に対する市民・事業者の意識啓発を図ることを目的として平成4年度から実施している事業で、本年度で31回目となります。

(注)3R推進月間とは
 循環型社会を形成する上で、国民一人ひとりの3R(廃棄物等の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル))の推進に関する理解を深め、循環型社会の形成に向けた取組をより一層推進しようとするものです。

キャンペーンの概要

1 実施期間
令和4年10月1日(土曜日)~令和4年10月31日(月曜日)
2 取組内容

 期間中に大阪市の公共施設等において、再生紙を使用したオリジナルポスターを掲出します。

 また、大阪市では平成21年度から10月を「ごみ減量強化月間」とし、市民の皆さまのごみ減量意識の高揚や具体的な取組の実践を促進する期間としています。今回作成したオリジナル啓発用グッズ「プラスチックフリーカップ」は、キャンペーン後も、環境局が開催するごみ減量・リサイクルに関するイベント等において配布し、より多くの方に3RをPRしていきます。

3 使用媒体
  • ポスター
    全国で15,063枚(うち大阪市 760枚)
  • プラスチックフリーカップ
    全国で13,300個(うち大阪市 700個)
(1)ポスターについて  「レッツ3R、サステナブルな未来のタネをまこう。」

 自然や動物たちへの愛着、人間と野生動物との共存を描いたテレビアニメ「あらいぐまラスカル」を、環境問題と実生活とをつなぐメッセンジャーに起用し、のどかな自然を背景に、ラスカルがタンポポのタネを飛ばします。愛らしいビジュアルは、みんなで行うたくさんの3Rの取組が、循環型社会をかなえ、心地よい未来につながることを想起させます。3Rの具体的な取組を例に挙げ、身近なことから始めてみよう、というメッセージを込めて、サステナブルな未来につながっていくことを伝えます。

ポスター 「レッツ3R、サステナブルな未来のタネをまこう。」
(2)オリジナル啓発用グッズについて 「プラスチックフリーカップ」

 落ち着いた色合いに、焼き物のような高級感のある風合いが特徴のおうちでもオフィスでも使いたくなるシンプルなカップで、3Rへ取り組む気持ちが自然と高まるデザインです。3Rにこだわり、紙と植物由来樹脂、天然の粘土を使った素材を採用し、原材料から廃棄までのCO2排出量は、石油由来プラスチックとくらべ約80パーセント削減しています。微生物の働きにより、コンポストで6か月程度、土中では数年かけて生分解されます。不用の際は、メーカーへ送付すると再製品化が可能です。

啓発グッズ「プラスチックフリーカップ」
4 ポスターの主な掲出場所
5 製作事業費

18,392,000円(内、市費970,000円)

6 事業主体

令和4年度大都市減量化・資源化共同キャンペーン実行委員会
(各都市ごみ減量化・資源化担当課長で構成)

7 キャンペーンエリア

大阪市・札幌市・仙台市・さいたま市・千葉市・東京23特別区・横浜市・川崎市・相模原市・新潟市・静岡市・浜松市・名古屋市・堺市・岡山市・広島市・北九州市・福岡市・熊本市

8 大都市減量化・資源化共同キャンペーン実施概要

令和4年度大都市減量化・資源化共同キャンペーン実施概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない