ページの先頭です

報道発表資料 「第8回大阪市認知症セミナー」を開催します

2016年10月14日

ページ番号:377813

問合せ先:大阪市立大学医学部附属病院患者支援課 認知症疾患センター事務担当(06-6645-2857)

平成28年10月14日 14時発表

同時資料提供:大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市立大学医学部附属病院は、平成28年11月29日(火曜日)に大阪市立阿倍野区民センターにおいて、「第8回大阪市認知症セミナー」を開催します。このセミナーは、大阪市の認知症疾患医療センターに指定されている大阪市立弘済院附属病院、社会医療法人北斗会ほくとクリニック病院、大阪市立大学医学部附属病院が共催で行います。セミナーを通じて、認知症患者の家族や医療者、介護職員間の相互理解を深めるとともに、認知症疾患医療センターの役割について広く共有していただくことを目的としています。
 今回の講演では、医療者の立場からの治療の現状、認知症患者の日常生活を多面的にサポートする立場からの取り組み状況、認知症患者と地域との包括的な関わり方についての3点を、それぞれの視点からわかりやすく解説します。

1 日時

平成28年11月29日(火曜日) 14時から16時まで(受付開始は13時30分から)

2 場所

大阪市立阿倍野区民センター
 大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118
 地下鉄谷町線「阿倍野」6番出口より徒歩3分、阪堺上町線「阿倍野」南口より徒歩5分

3 演題

  • 「神経変性疾患における治療の最前線」
    武田 景敏(大阪市立大学大学院医学研究科 神経内科学 講師)
  • 「認知症高齢者等の在宅医療・介護の連携について」
    中川 小百合(社会福祉法人大阪市阿倍野区社会福祉協議会 包括支援担当主査)
  •  「認知症理解に対する取り組みについて」
    木村 謙太郎(社会福祉法人大阪市阿倍野区社会福祉協議会 地域支援担当主査)
  • 「認知症の人の支援と地域包括ケア~地域で暮らしを継続するために~」
    黒田 研二(学校法人関西大学 人間健康学部 教授)

4 対象

医師、保健医療関係者、ケアマネージャー、介護職員、患者家族 など

5 定員

350名(定員に達し次第締め切り)

6 参加費

無料

7 主催

大阪市立大学医学部附属病院

8 共催

大阪市立弘済院附属病院、社会医療法人北斗会 ほくとクリニック病院

9 後援

一般社団法人 大阪府医師会

10 締切

平成28年11月18日(金曜日)

11 申込み方法

添付のチラシ裏面の「参加申込書」に必要事項を記載の上、下記申込み先あてにファックス(06-6636-3539)にてお申込みください。

12 申込み・問合せ先

〒545-8586 大阪市阿倍野区旭町1-5-7
大阪市立大学医学部附属病院患者支援課 認知症疾患センター事務担当
電話:06-6645-2857(平日9時から17時まで) ファックス:06-6636-3539 

チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない