ページの先頭です

報道発表資料 ゴールデンウィークは市立博物館・美術館へ!~4月29日から5月7日まで休まずに開館します~

2017年4月27日

ページ番号:397125

問合せ先:公益財団法人大阪市博物館協会(06-6940-0569)・公益財団法人大阪科学振興協会(06-6444-5656)

平成29年4月27日 15時発表

 大阪市立の各博物館・美術館では、ゴールデンウィーク期間中(平成29年4月29日(土曜日)から5月7日(日曜日)まで)の休館日に臨時開館します。
 ゴールデンウィーク期間中の大阪市立の博物館・美術館では、多彩な特別展と行事等を開催します。また、大阪歴史博物館では、特別展開催中(平成29年4月26日(水曜日)から6月12日(月曜日)まで)の金曜日の開館時間を午後8時まで延長するほか、大阪市立科学館でもプラネタリウムの追加投影などがあります。

大阪市立東洋陶磁美術館

ゴールデンウィーク期間中の特別展

  • 特別展「ハンガリーの名窯 ヘレンド」
    4月8日(土曜日)から7月30日(日曜日)まで
     手作業による繊細な装飾や、東洋風の特徴ある文様で知られるハンガリーの名窯ヘレンド。その歴史と魅力をブダペスト国立工芸美術館、ヘレンド磁器美術館、ハンガリー国立博物館などが所蔵する約230点の作品により紹介します。

  • 学芸員による見どころ解説 
    4月29日(土曜日・祝日)14時から(約30分)
    ※地下講堂で行います。参加費は無料(入場には特別展観覧券が必要です)。

開館時間

9時30分から17時まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)※ただし5月1日(月曜日)は臨時開館

アクセス

地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅1号出口、「北浜」駅26号出口各駅から約400メートル、京阪中之島線「なにわ橋」駅1号出口すぐ

大阪市北区中之島1-1-26(大阪市中央公会堂東側)

電話番号:06-6223-0055 ファックス:06-6223-0057 ホームページ:http://www.moco.or.jp別ウィンドウで開く

大阪歴史博物館

ゴールデンウィーク期間中の特別展

  • 特別展「渡来人いずこより」
    4月26日(水曜日)から6月12日(月曜日)まで
     近畿地方やその周辺地域で出土した朝鮮半島に関係する考古資料により、高句麗(こうくり)や新羅(しらぎ)、百済(くだら)、加耶(かや)といった渡来人の「出身地」にスポットを当て、古代の日本列島と朝鮮半島との交流をビジュアルに描きます。

  • 学芸員による展示解説 
    4月29日(土曜日・祝日)14時から。約30分
    ※特別展示室(大阪歴史博物館6階)で行います。参加費は無料(入場には特別展観覧券が必要です)。

ゴールデンウィーク期間中の催事

  • ゴールデンウィークのガイドツアー「古代の石組み水路 特別公開」
    5月4日(木曜日・祝日)10時30分から15時30分までの毎時30分発(ツアー所要時間:約20分から30分)
     博物館の隣にあるNHK大阪放送局の地下6メートルには、平成9年(1997年)の発掘で見つかった古代難波宮(約1,360年前)の泉と巨石を組んだ水路が発見当時のまま保存されています。普段は見ることのできないこの石組み遺構を特別に公開します。
    ※受付は博物館1階アトリウム。参加費は無料。先着順(各回定員15名)。

  • ゴールデンウィークのガイドツアー「iPadで楽しむ難波宮遺跡探訪」
    5月5日(金曜日・祝日)10時30分から15時30分までの毎時30分発(ツアー所要時間:約20分)
     学芸員の解説を聞きながら、アプリケーションソフト「AR難波宮」をインストールしたiPadを使用して、歴史博物館1階・地下1階の難波宮の遺構を見学します。
    ※受付は博物館1階遺跡探訪受付カウンター。参加費は無料。先着順(各回定員10名)。

開館時間

9時30分から17時まで(入館は閉館の30分前まで)

※上記の特別展開催期間中の金曜日は20時まで開館

休館日

火曜日(祝日・休日の場合は翌平日)※ただし5月2日(火曜日)は臨時開館

アクセス

地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅 2号・9号出口

大阪市中央区大手前4-1-32

電話番号:06-6946-5728 ファックス:06-6946-2662 ホームページ:http://www.mus-his.city.osaka.jp/

大阪市立美術館

ゴールデンウィーク期間中の特別展

  • 特別展 「木×仏像(きとぶつぞう)-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」
    4月8日(土曜日)から6月4日(日曜日)まで
     飛鳥時代から江戸時代の円空まで、約70体の木彫仏を展示し、日本における木と仏像の関係とその歴史を総覧します。また、大阪のすぐれた仏像もあわせてご紹介することで、木から見る仏像の歴史とともに京都や奈良にはない大阪の仏像の魅力もご堪能いただきます。

  • 講演会
    「日本×木×仏像」齋藤龍一(大阪市立美術館 主任学芸員)
    4月29日(土曜日・祝日)14時から15時30分まで

    「御衣木(みそぎ)の文化史」児島大輔(大阪市立美術館 学芸員)
    5月6日(土曜日)14時から15時30分まで

    ※美術館1階 講演会室で行います。参加費は無料(入場には当日の特別展観覧券が必要です)。先着順(定員:150名)。

開館時間

9時30分から17時まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)※ただし5月1日(月曜日)は臨時開館

アクセス

JR「天王寺」駅中央改札、地下鉄「天王寺」駅15・16号出口、近鉄「大阪阿部野橋」駅西改札、阪堺電軌上町線「天王寺駅前」駅いずれも北西へ約400メートル

大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)

電話番号:06-6771-4874 ファックス:06-6771-4856 ホームページ:http://www.osaka-art-museum.jp/別ウィンドウで開く

大阪市立自然史博物館

ゴールデンウィーク期間中の特別展

  • 特別展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」
    4月22日(土曜日)から6月4日(日曜日)まで
     地球の営みによってつくられた、きれいな結晶を持つ鉱物、長い地球の歴史の中で生物の進化を教えてくれる化石。その美しさや不思議さはコレクターを虜にし、私たちにも地球のワンダーを教えてくれます。この特別展では、石に魅了された二人のコレクターによる、北川隆司鉱物コレクションと金澤芳廣化石コレクションを中心に展示し、石の魅力を紹介します。
    ※特別展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」は、大阪市立科学館でも共同開催しており、相互割引を実施しています。下記、大阪市立科学館の情報もご参照ください。

  • 学芸員によるギャラリートーク 
    4月29日(土曜日・祝日)11時30分から12時まで
    ※特別展会場(自然史博物館ネイチャーホール)で行います。参加費は無料(入場には特別展観覧券が必要です)。

開館時間

9時30分から17時まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)※ただし5月1日(月曜日)は臨時開館

アクセス

地下鉄御堂筋線「長居」駅 3号出口から東へ約800メートル、JR阪和線「長居」駅東出口から東へ約1キロメートル

大阪市東住吉区長居公園1-23

電話番号:06-6697-6221 ファックス:06-6697-6225 ホームページ:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

大阪市立科学館

ゴールデンウィーク期間中の企画展

  • 企画展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」
    3月14日(火曜日)から6月4日(日曜日)まで
    北川隆司鉱物コレクションから約40点、金澤芳廣化石コレクションから約20点を展示します。

ゴールデンウィーク期間中のプラネタリウム・サイエンスショー

  • プラネタリウム「見えない宇宙のミステリー~謎の光・X線をとらえろ~」
    3月2日(木曜日)から5月28日(日曜日)まで 
     宇宙からは目では見えない光・X線が来ています。X線天文衛星がとらえた、新しい宇宙の姿を紹介します。

  • プラネタリウム「見上げよう!未来の星空 -10万年後にタイムスリップ-」
    3月2日(木曜日)から5月28日(日曜日)まで
     10万年後に夜空を見上げたら、どんな星たちが輝いているのか、見に行きましょう。

  • プラネタリウム「ファミリータイム」
    土曜日、日曜日、祝日ほか 
     幼児から小学校低学年のお子様とそのご家族のみなさまにおススメのプラネタリウムです。プラネタリウムデビューにもぴったりです。

  • サイエンスショー「動く?動かない?チカラの実験!」
    3月2日(木曜日)から5月28日(日曜日)まで
     物体にかかるいろいろな力について、ニュートンもビックリの実験で調べていきます。

開館時間

9時30分から17時まで(入館は閉館の30分前まで)
※ゴールデンウィーク中は、プラネタリウムの追加投影・展示場の公開延長があります。

  • 4月29日(土曜日・祝日)、4月30日(日曜日)、5月3日(水曜日・祝日)、5月4日(木曜日・祝日)、5月7日(日曜日)
     17時からプラネタリウム「見上げよう!未来の星空」を追加投影。展示場は、通常通り17時で終了(展示場の入場は16時30分まで)。
    (毎週日曜日・祝日は、17時からプラネタリウムの追加投影をしています。)
  • 5月5日(金曜日・祝日)、5月6日(土曜日)
     17時からプラネタリウム「見上げよう!未来の星空」、18時からプラネタリウム「見えない宇宙のミステリー」を追加投影。また同日は展示場の公開を1時間延長し、18時まで見学できます(展示場の入場は17時30分まで)。

休館日

月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)※ただし5月1日(月曜日)は臨時開館

アクセス

地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅 3号出口から西へ約500メートル、京阪中之島線「渡辺橋」駅2出口から南西へ約400メートル

大阪市北区中之島4-2-1

電話番号:06-6444-5656 ファックス:06-6444-5657 ホームページ:http://www.sci-museum.jp/

探している情報が見つからない