ページの先頭です

報道発表資料 大阪が誇るプロスポーツの拠点がIoT・ロボット分野の新サービスの実験エリアに!~舞洲の4つのスポーツ施設での実証実験プロジェクトの参加企業を募集します~

2018年5月16日

ページ番号:434925

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06-6615-3723)

平成30年5月16日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市(委託先:AIDOR共同体)では、平成29年度より複合型商業施設「アジア太平洋トレードセンター(以下、ATC)」を実証フィールドとしたIoT・ロボット分野の実証実験支援事業「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」を実施してきましたが、新たに、大阪・舞洲エリアのスポーツ施設でも行うこととしました。それに伴い、本日より実証実験プロジェクトの参加企業を全国から募集します。

 平成30年度から新たに加わった実証実験フィールドは「府民共済SUPERアリーナ」「大阪シティ信用金庫スタジアム」「舞洲バファローズスタジアム」「セレッソスポーツパーク舞洲」の4施設です。いずれもプロスポーツチームの拠点施設で、普段は試合や練習などが行われている場所となります。

 本事業では、これら施設を使って実証実験をしたい企業を募集し、各施設と連携して実証実験の場所を提供するほか、事業化に必要な提携先とのマッチング支援も提供します。

 一般的に、IoT・ロボットテクノロジーを活用して事業展開するにあたっては、ユーザー検証が必要となりますが、多くの企業にとって、実証実験場所の確保が課題となっています。そうした背景から、平成29年度はATCと連携して実証実験の場所を提供し、センサー付きIoTごみ容器など8件の実証実験を実施しました。

 ATCでも引き続き実証実験支援を行いますが、平成30年度は新たにスポーツ施設が加わることで、スポーツ関連ビジネスの創出と舞洲エリアの活性化にも注力していきます。

(注)本プログラムは、大阪市委託事業「平成30年度第4次産業革命先端技術実証実験 支援事業」として実施しています。運営するAIDOR共同体は、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターと一般社団法人i-RooBO Network Forumで構成されています。

(注)昨年度から継続して実施している実証実験の詳細はソフト産業プラザのホームページ別ウィンドウで開くでご確認いただけます。


 なお、平成29年2月に締結した「先進的なまちづくりに資する『実証事業都市・大阪』実現に向けた包括提携協定」(平成29年2月27日付け報道発表済み)に基づき、大阪商工会議所とも連携して実証事業を実施しています。

 詳しくは大阪商工会議所ホームページ別ウィンドウで開くからご覧いただけます。

「AIDOR (アイドル)エクスペリメンテーション」舞洲エリアでの実施概要

1.実施期間

平成30年5月16日から平成31年3月31日まで

2.実証実験受付窓口・詳細

ソフト産業プラザのホームページ別ウィンドウで開く

3.実施可能な場所

◎府民共済SUPERアリーナ
 大阪市此花区北港緑地2−2-15

府民共済SUPERアリーナ

 

◎大阪シティ信用金庫スタジアム
 大阪市此花区北港緑地2-3−142

大阪シティ信用金庫スタジアム

 

◎舞洲バファローズスタジアム
 大阪市此花区北港緑地2-2−65

舞洲バファローズスタジアム

 

◎セレッソスポーツパーク舞洲
 大阪市此花区北港緑地1−2−96

セレッソスポーツパーク舞洲

4.募集内容

  • IoT・ロボットテクノロジーを活用した製品・サービスの、実際の利用シーンに近い環境やサービス提供の分野で、想定する性能や効果を発揮できるかどうかを検証するもの
  • 分野は特に問わないが、各施設で実施可能なもの
  • 倫理・法律に反しないもの

(注)実証実験実施にあたっては、事務局および倫理審査委員会などの審査を経て、実施が許可された内容となります。

5.応募資格

スポーツ施設で実証実験を行うことで事業化等をめざす法人・個人
(注)事業化をめざす計画があることが前提となります。

6.サポート内容

  • 実証実験フィールドの調整
  • 被験者、モニターの調整支援
  • ネットワーク環境構築などのインフラ支援
  • 実証実験の方法、倫理・法制度面、安全面等に対するアドバイス
  • 公開の場での実証実験やイベント、展示会出展などを通じたプロモーション
  • 実証実験実施後のマッチングなどの事業化に向けたサポート

7.主催

大阪市、AIDOR共同体

8.(参考)平成29年度実施したATCでの実証実験事例

  • 現在位置及び目的地検索システム「ぽけっとがいど」
    (株式会社オーシャンソフトウェア)
  • ロボットを活用したスタンプラリー「ロボスタンプ」
    (コンピュータ・ハイテック株式会社)
  • 「センサー付きIoTごみ容器」による効率回収の検証
    (積水マテリアルソリューションズ株式会社)
  • 倉庫ロボット(Freight)を用いた大規模施設での移動制御に関する検証
    (X-mov Japan株式会社)
  • 杖車輪型装置を用いた歩行者案内システムの機能検証   
    (大阪市立大学)
  • 移動機能を搭載したPepperアプリケーションでの館内広告業務
    (X-mov Japan株式会社)
  • 低速の自律型モビリティシステムおよび環境センサに関する実証実験
    (株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所)
  • 自動床洗浄ロボット ROBO Cleaper による機能確認実験 
    (中西金属工業株式会社)
  • (注)詳細はソフト産業プラザのホームページ別ウィンドウで開くでご確認いただけます。

9.本件に関する問合せ先

◇AIDOR共同体
 ソフト産業プラザ
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC ITM棟6F
 事業担当:松出(マツイデ)
 広報担当:河村
 電話:06-6615-1000

10.受託事業者

AIDOR共同体(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター、一般社団法人i-RooBO Network Forum)

探している情報が見つからない