ページの先頭です

報道発表資料 地域への対日直接投資カンファレンスに大阪市が採択されました

2018年5月16日

ページ番号:435382

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06-6615-3015)

平成30年5月16日 14時発表

 大阪市は、日本貿易振興機構(以下、「ジェトロ」という。)と経済産業省が公募する「地域への対日直接投資カンファレンス(Regional Business Conference:以下、「RBC」という。)」に採択されました。

 採択されたプロジェクトは、国際イノベーション会議Hack Osaka 2019(平成31年3月予定)の開催にあわせ、海外のアクセラレーター等を招へいし、Hack Osaka 2019に参加するスタートアップ企業とのマッチングやトップセールスを通じ、大阪・関西への投資獲得を目的とします。

採択理由

 国際イノベーション会議Hack Osakaにあわせ、海外のアクセラレーターや投資家を招へいし、大阪・関西におけるイノベーション創出拠点としての地位確立に取り組む姿勢が評価され、採択に至りました。

Hack osakaについて

 大阪市では、平成25年4月にグランフロント大阪ナレッジキャピタルに大阪イノベーションハブ(OIH)別ウィンドウで開くを開設し、世界中から人材・情報・資金を誘引してグローバルにイノベーション創出をめざす取組みを進めています。

 Hack Osakaは、この取組みの成果や創出されたプロジェクトのプロモーションの一環として実施する国際会議で、大阪・関西から次々とイノベーションが生み出される環境(イノベーションエコシステム)をつくるために、様々なプレイヤーが有機的につながり、どのようにエコシステムを活性化していけばよいのか考え、発信する場です。また、海外で活躍する若手起業家や大阪イノベーションハブ(OIH)で生まれた起業家を紹介し、主に若者をターゲットに起業家マインドを醸成するとともに、世界にイノベーションのネットワークを広げることをめざします。

 次回は、平成31年3月に開催予定です。

 

RBCについて

 ジェトロと経済産業省は、日本再興戦略改定2015-未来への投資・生産性革命-の「改革2020」プロジェクトに基づき、地域の特色を活かした外国企業等の招へい、トップセールス、地元企業とのビジネスマッチング等を行う地域への対日直接投資カンファレンス(RBC)を実施します。

 本プロジェクトは、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催により、日本に対する国際的な注目度が高まる2020年に向けて、特に地方の魅力的なビジネス環境を世界に向けて発信するものです。

 実施にあたっては、外国企業誘致に積極的な地方自治体等から公募し、外部審査員による審査会を経て採択され、採択案件に対しては、ジェトロの国内外事務所のネットワークを活かしたきめ細かいサポートを受けることができます。

 

探している情報が見つからない