ページの先頭です

報道発表資料 大阪市を含む北前船寄港地が「日本遺産(Japan Heritage)」に追加認定されました

2018年5月24日

ページ番号:435586

問合せ先:経済戦略局 観光部 観光課(06-6469-5152)

平成30年5月24日 14時発表

 平成29年4月28日に11市町(注1)で日本遺産(Japan Heritage)(注2)に認定されました「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」について、このたび、大阪市を含む全国27市町(注3)が追加認定されましたのでお知らせします。

 今後、認定市町とも連携しながら、さらなる観光振興、交流人口の拡大、インバウンドの拡大に取り組んでまいります。

 また、今般の認定を契機に、関西・北前船寄港地7市町(宮津市、大阪市、神戸市、洲本市、赤穂市、高砂市、新温泉町)が共同で記者会見し、今後の取組を発表します。

 

(注1)日本遺産認定(平成29年4月28日)の11市町

 函館市、松前町、鰺ヶ沢町、深浦町、秋田市、酒田市、新潟市、長岡市、加賀市、敦賀市、南越前町

 

(注2)日本遺産(Japan Heritage)

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより地域の活性化を図るための文化庁の認定制度。

 

(注3)大阪市を含む全国27市町

 小樽市、石狩市、野辺地町、能代市、男鹿市、由利本荘市、にかほ市、上越市、佐渡市、富山市、高岡市、小松市、輪島市、小浜市、坂井市、宮津市、大阪市、神戸市、洲本市、赤穂市、高砂市、新温泉町、鳥取市、浜田市、倉敷市、呉市、尾道市

申請の概要

タイトル

荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~

ストーリー

 日本海や瀬戸内海沿岸には、山を風景の一部に取り込む港町が点々とみられます。そこには、港に通じる小路が随所に走り、通りには広大な商家や豪壮な船主屋敷が建っています。また、寺社には奉納された船の絵馬や模型が残り、京など遠方に起源がある祭礼が行われ、節回しの似た民謡が唄われています。これらの港町は、荒波を越え、動く総合商社として巨万の富を生み、各地に繁栄をもたらした北前船の寄港地・船主集落で、時を重ねて彩られた異空間として今も人々を惹きつけてやみません。

大阪市の構成文化財

住吉大社

住吉大社の写真

大坂に到着した北前船の船頭たちが参詣した神社。

住吉大社の石灯籠群

住吉大社の石灯籠群の写真

住吉大社の境内に立ち並ぶ600基あまりの石灯籠。北前船ゆかりの廻船業者が奉納したものも多い。

【参考】北前船について

 江戸時代、北海道・東北・北陸と西日本を結んだ西廻り航路は経済の大動脈であり、この航路を利用した商船は北前船と呼ばれました。北前船は、米をはじめとした物資の輸送から発展し、船主自身が寄港地で仕入れた多種多様な商品を、別の寄港地で販売する買い積み方式により利益をあげたことから「動く総合商社」と形容されています。日本海や瀬戸内海沿岸に残る数多くの寄港地・船主集落は、北前船の壮大な世界を今に伝えています。

関西・北前船寄港地日本遺産認定共同記者会見/関西7市町の今後の取組発表について

 詳しくは取材要領をご覧ください。また、取材を希望される場合は取材申込書をご提出ください。

 なお、一般の方の入場はできません。

取材要領及び取材申込書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

発表会概要

日時
平成30年6月6日(水曜日)16時から17時まで(15時30分受付開始)
場所

ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区梅田3丁目1番1号 ) 20階「名庭の間」

出席予定者

関西・北前船寄港地7市町の首長または代理者

北前船交流拡大推進機構理事長

 

(注)大阪市からは田中副市長が出席する予定です。

発表内容
  1. 北前船日本遺産推進協議会の平成30年度取組
  2. 関西・北前船寄港地の紹介と今後の取組
  3. 質疑応答
取材申込書提出先

取材申込書にご記入の上、ファックスでお申込みください。

申込締切は平成30年6月1日(金曜日)17時です。

申込先:兵庫県産業労働部観光振興課(ファックス:078-362-4275)

発表会に関する問合せ

兵庫県産業労働部観光振興課

電話:078-362-3838(平日8時45分から17時30分まで)

探している情報が見つからない