ページの先頭です

報道発表資料 おおさかATCグリーンエコプラザで「環境面から見たESGの最新動向」セミナーを開催します

2018年7月24日

ページ番号:441287

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06-6615-3723)

平成30年7月24日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ

 大阪市、アジア太平洋トレードセンター株式会社及び株式会社日本経済新聞社が運営するおおさかATCグリーンエコプラザは、平成30年9月7日(金曜日)に、「環境面から見たESGの最新動向」セミナーを開催します。おおさかATCグリーンエコプラザでは、今後成長が期待される「環境・エネルギー分野」の企業等に対してビジネス情報を提供することで、同分野の産業の育成・振興を図っており、その取組みの一環として行うものです。

 ESGとは、企業や機関投資家が持続可能な社会の形成に寄与するために配慮すべき3つの要素とされる「環境・社会・企業統治」を示す言葉で、持続可能な社会の構築に向けて、企業が地球温暖化や女性活躍、社外取締役の招へいなどに取り組む経営姿勢を評価するものです。

 本セミナーでは、環境面から見たESGの最新動向について紹介するとともに、企業のESG分野での活躍や、ESGに注力している企業の取組み事例を紹介します。

開催概要

  • 日時

   平成30年9月7日(金曜日)午後1時30分から午後4時50分まで

   (午後1時受付開始)

  • 場所

   おおさかATCグリーンエコプラザ別ウィンドウで開く

   (大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟11階

  • 対象

   環境ビジネスに興味をお持ちの企業など

  • 定員

   80名(先着順) 

  • 参加費

   無料

  • 主催

   おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会(大阪市、アジア太平洋トレードセンター株式会社、株式会社日本経済新聞社)

  • 後援

   一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

プログラム

【講演1】 午後1時30分から午後3時まで

  《タイトル》 「環境面から見たESGの最新動向 ~SDGsやTCFDもからめて~」

  《講師》 サステナビリティ日本フォーラム代表理事 後藤 敏彦 氏

  TCFDとは、平成27年(2015年)に世界主要国の財政・金融当局及び中央銀行による金融安定理事会が設立した、金融の安定性という観点から気候変動問題を議論する、気候関連財務情報開示組織。

【講演2】 午後3時10分から午後3時55分まで

  《タイトル》 「どうやったらSDGsを経営に統合できるのか? ~CSR推進部門の苦労話~」

  《講師》 凸版印刷株式会社 広報本部 広報部 部長 山本 正己 氏

【講演3】 午後3時55分から午後4時40分まで

  《タイトル》 「パナソニックの環境経営」

  《講師》 パナソニック株式会社 品質・環境本部 環境経営推進部 ユニットリーダー 下野 隆二 氏

【質疑応答】 午後4時40分から午後4時50分まで

セミナーチラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

申込方法

おおさかATCグリーンエコプラザ別ウィンドウで開くのホームページからお申込みください。

(定員になり次第、申込みの受付を締め切ります。)

問合せ先

おおさかATCグリーンエコプラザ事務局

電話:06-6615-5888 ファックス:06-6615-5890

月曜日を除く、午前10時から午後5時まで

探している情報が見つからない