ページの先頭です

報道発表資料 実証事業検討チーム(大阪府、大阪市、大阪商工会議所)による「大阪城公園における実証事業の提案募集」及び「企業間連携による実証事業支援」の開始について

2018年7月20日

ページ番号:441702

問合せ先:経済戦略局産業振興部産業振興課(06-6615-3756)

平成30年7月20日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、大阪経済記者クラブ

 大阪府、大阪市、大阪商工会議所により構成する「実証事業検討チーム(以下、「検討チーム」)」では、大阪における実証事業をより円滑・効果的に実施できるよう支援しており、その取組の一環として、平成30年7月20日より、「大阪城公園における実証事業の提案募集」と「企業間連携による実証事業支援」を開始します。

 IoTやロボットテクノロジー、AIなどの先端技術を活用した革新的なビジネスを社会に実装していくためには、研究開発や実用化を加速する実証事業を重ねることが重要です。

 そのため、大阪府、大阪市、大阪商工会議所は、大阪で実証事業を行いやすい環境を整え「実証事業都市・大阪」を実現していくため、平成30年5月1日に検討チームを発足しました。(平成30年5月1日付報道発表済)

 その後、事業者からの実証事業の提案を受け付け、大阪府・大阪市の関連施設や公共空間等における実証事業の実施を支援するほか、「実証事業都市・大阪セミナー」の開催(5月18日、112名参加)や実証フィールドの候補地調査などの活動を進めてきました。

「大阪城公園における実証事業の提案募集」について

 今回、大阪における実証事業を支援する新たな取組として、大阪城公園を実証フィールドとして設定し、実証事業の提案募集を平成30年7月20日より開始します。

「企業間連携による実証事業支援」について

 あわせて、民間企業のフィールドを活用した実証事業支援の取組も開始します。自社が保有する土地、スペース、データ等を実証事業に活用することに賛同いただける企業を募集し、大阪商工会議所が窓口となって、企業間連携による実証事業を実施します。まずは、大阪商工会議所の議員企業(150社)を中心に賛同を呼び掛け、その後、適宜、範囲を拡大していきます。

資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

 検討チームでは、大阪府、大阪市、大阪商工会議所が緊密に連携し、「未来社会の実験場」の実現をめざす2025年万博に向けて、引き続き実証事業支援の取組を積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組んでまいります。

資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

問合せ先

大阪商工会議所 経済産業部 (竹中、玉川) 

電話:06-6944-6300

探している情報が見つからない