ページの先頭です

報道発表資料 国際イノベーション会議「Hack Osaka 2019」への参加者を募集します

2018年8月3日

ページ番号:442354

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06-6615-3015)

平成30年8月3日 14時発表

 大阪市は、平成31年3月13日(水曜日)に開催する国際イノベーション会議「Hack Osaka 2019」への参加者を募集します。

 大阪市では平成25年4月にグランフロント大阪ナレッジキャピタルに大阪イノベーションハブ(OIH)別ウィンドウで開くを開設し、世界中から人材・情報・資金を誘引してグローバルにイノベーション創出をめざす取組みを進めてきました。

 本会議は、この取組みの成果や創出されたプロジェクトのプロモーションの一環として実施するもので、7回目となる今回のテーマは、「イノベーションエコシステムの構築に向けて-Paradigm Shift toward Hack Osaka Movement-」です。起業家、投資家、大企業、学生など様々なプレイヤーがエコシステムの主役として参画し、有機的につながり、次々とイノベーションを巻き起こしていく「Hack Osaka Movement」を実現するためのヒントを世界の先行事例から学びます。また、海外で活躍する若手起業家や大阪イノベーションハブで生まれた起業家を紹介し、主に若者をターゲットに起業家マインドを醸成するとともに、世界にイノベーションのネットワークを広げることをめざします。

開催概要

日時

平成31年3月13日(水曜日) 午後1時から午後6時まで(予定)

(注)正午から受付を開始します。

会場

ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ホールA、ルーム1・2・3

(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館B2階 )

募集定員

700名(先着順)

参加費

無料

申込締切

平成31年3月11日(月曜日)午後5時

申込方法

国際イノベーション会議Hack Osaka 2019のホームページ別ウィンドウで開くにて詳細を確認のうえ、必要事項を入力して申し込んでください。

プログラム

講演内容

  1. グローバルチャレンジャーズトーク
  2. 基調講演
  3. パネルディスカッション
  4. ピッチコンテスト・スタートアップセッション

講演予定者

  • 原ゆかり氏(株式会社SKYAH代表)
  • Oscar Kneppers氏(Founder of Rockstart)
  • Christina Teo氏(Founder of What Things Done)
  • Pedro Fazenda氏(Assistant professor of ISEL-Instituto Superior de Engenharia de Lisboa)
  • Christopher Kommatas氏(Founder of StartUp HealthTech Australia)
  • 吉川正晃氏(一般社団法人日本スタートアップ支援協会顧問)
  • Sushi Suzuki氏(Associate Professor at Kyoto Design Lab)
  • 須田健太郎氏(FREEPLUS創業者)
    ほか

サブ会場「Communication Arena」でのイベントについて

メイン会場に隣接したサブ会場「Communication Arena」でも各種イベントを開催し、スタートアップと投資家、企業、メディア、学生、スピーカー等、大阪に集まった参加者やゲスト同士の交流をより一層促進し、会議後も続くコミュニケーションを創出します。

取材について

本会議は報道機関による取材が可能です。取材に関する詳細は、決まり次第、国際イノベーション会議Hack Osaka 2019のホームページ別ウィンドウで開くにてお知らせします。

国際会議に関する問合せ先

国際イノベーション会議Hack Osaka2019実行委員会事務局

 電話:06-6359-1322(月曜日から金曜日までの午前10時から午後6時まで) 

 担当:渡邊・大谷

 (注)土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く

 

探している情報が見つからない