ページの先頭です

報道発表資料 咲くやこの花コレクション「はじめての義太夫ワークショップ2018 ~日本が誇る伝統芸能義太夫(語りと三味線)を知ろう!学ぼう!体験しよう!~」を開催します

2018年9月5日

ページ番号:445266

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-5170)

平成30年9月5日 14時発表

 咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会は、平成30年11月3日(土曜日・祝日)より8回にわたり、SPACE9(あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階)において、 咲くやこの花コレクション「はじめての義太夫ワークショップ2018 ~日本が誇る伝統芸能義太夫(語りと三味線)を知ろう!学ぼう!体験しよう!~」を開催します。

 義太夫とは、「義太夫節(ぎだゆうぶし)」の略で、太夫の語りと太棹三味線で語る浄瑠璃の一流派です。本ワークショップでは、女性が太夫と三味線を勤める義太夫節である「女義太夫(むすめぎだゆう)」による「女義太夫の会」の4名を講師に迎え、「三味線(太棹)」や「語り」のレクチャーや体験をしていただきます。

 「女義太夫」は江戸時代の後期に始まり、明治時代の中頃には人気スターが次々に登場し、一大ブームとなりました。しかしその後、時代とともに移り変わり、関東大震災以降は急速に低迷していきました。こうした状況を少しでも改善し、かつて多くの人々に親しまれた「女義太夫」をもう一度、大阪で盛り上げていくために、咲くやこの花賞受賞の豊澤雛文(とよざわひなふみ)さんが中心となって、昨年度より体験講座を開催し、次世代への普及をめざしています。

 そこで本ワークショップは、「三味線(太棹)」と「語り」の各体験コースを通じて、女義太夫に親しんでいただくことを目的としています。

【昨年度のワークショップの様子】

昨年の女義太夫ワークショップの様子1
昨年の女義太夫ワークショップの様子2

【「咲くやこの花コレクション」とは】

 大阪市は昭和58年度から、将来の大阪文化を担うべき若手芸術家に対し「咲くやこの花賞」を贈呈しています。「美術」「音楽」「演劇・舞踊」「大衆芸能」「文芸その他」の5部門におけるこれまでの受賞者は175組となり、その多くの受賞者が日本国内、そして海外でも活躍されています。この賞への理解を深めていただくとともに、大阪の貴重な人的財産である「咲くやこの花賞」受賞者の発表の場として、年に数回「咲くやこの花コレクション」を開催しています。

ワークショップ開催概要

「三味線(太棹)」体験コース

  • まったくはじめての方
    第1回 11月 3日(土曜日・祝日)11時から12時30分まで
  • 少し経験ありの方
    第2回 11月 3日(土曜日・祝日)14時から15時30分まで
    第3回 11月 17日(土曜日)11時から12時30分まで
    第4回 11月 17日(土曜日)14時から15時30分まで

(注)三味線(太棹)は、会場内で数本貸し出します。お一人様、一本ではありません。順番に体験していただきます。

「語り」体験コース

  • まったくはじめての方
    第1回 12月 8日(土曜日)11時から12時30分まで
  • 少し経験ありの方
    第2回 12月 8日(土曜日)14時から15時30分まで
    第3回 12月 15日(土曜日)11時から12時30分まで
    第4回 12月 15日(土曜日)14時から15時30分まで

 

(注)両コースとも、各回の開場は開始時間の30分前です。

(注)1回のみの参加も可能です。

講師

女義太夫の会

  • 竹本住蝶(たけもとすみちょう)(太夫)
  • 竹本雛子(たけもとひなこ)(太夫)
  • 豊澤住輔(とよざわすみすけ)(三味線)
  • 豊澤雛文(三味線)(平成20年度 咲くやこの花賞 演劇・舞踊部門[女義太夫]受賞)
豊澤雛代

【豊澤雛文 略歴】
昭和62年 豊澤雛代(とよざわひなよ)に入門。豊澤雛文と名のる。
昭和63年 人形浄瑠璃因協会女子部公演において、
「増補忠臣蔵」本蔵下屋敷の段の琴で初舞台。
平成19年 豊澤雛代没後、野澤錦糸(のざわきんし)の預かりとなる。
平成27年 義太夫節保存会会員になる。
重要無形文化財「義太夫節」総合認定保持者
朝日カルチャーセンター中之島教室 義太夫三味線講座講師
平成20年度 第26回咲くやこの花賞演劇・舞踊部門[女義太夫]受賞

場所

SPACE9(スペースナイン) (大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階

近鉄大阪阿部野橋駅、JR・Osaka Metro天王寺駅下車すぐ

参加対象

初心者、少し経験のある方向け

(注)男性やお子様もご参加いただけます。

参加費

  • 「三味線(太棹)」体験コース 1回3,000円(楽器調整費込)(税込)
  • 「語り」体験コース 1回2,500円(税込)

(注)中学生以下はどちらのコースも1回1,000円(税込)です。
(注)前売・当日とも同じ料金です。

チケット取り扱い

  • チケット予約開始日:平成30年9月13日(木曜日)

 平成30年9月13日(木曜日)の10時から下記「予約・問合せ先」のファックス、ホームページから予約を受け付けます。
 ファックスでのお申込みは「義太夫WSチケット希望」、コース名(「三味線」又は「語り」)と希望日時、チケット枚数(中学生以下の場合はその旨)、代表者の氏名、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレスをご記入ください。予約確定後、チケット料金の入金先(銀行)をご案内します。6日以内に入金が確認されない場合はキャンセルとさせていただきます。振込手数料、チケット郵送料はお客様負担となります。ご入金後にキャンセルされた場合、返金は致しかねますので、予めご了承ください。(ファックス、ホームページからの申込締切は各開催日の7日前17時まで。ただし、チケットが完売次第終了とさせていただきます。)

予約・問合せ先

咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会事務局(i・ディレクションズ内)義太夫係

(注)取材等ご希望の場合は事前に事務局までお問合せください。

主催

咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会
(大阪市、大阪商工会議所、公益財団法人大阪観光局、大阪市中央公会堂指定管理者サントリーパブリシティサービスグループ)

参考資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない