ページの先頭です

報道発表資料 大阪市はUrban20(U20)への参画を決定しました

2018年10月30日

ページ番号:450482

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部国際担当(06-6615-3767)

平成30年10月30日 10時発表

 大阪市は、世界の主要都市が一堂に会し、様々な課題について意見交換を行い、G20の議論をより豊かにすることをめざすUrban20(U20)への参画を決定しました。

 U20は、G20の議論(地球規模の課題や社会経済的影響等)を高めるためのメッセージを届けることを活動主旨としており、平成30年(2018年)のG20サミット開催都市であるブエノスアイレス市長と、パリ市長が中心となり、平成29年(2017年)12月12日に立ち上げられました。日本からは東京都が参画しています。

 平成31年(2019年)のG20サミットは大阪市で開催されることから、U20に参画する運びとなったものです。

 大阪市は、U20に参画する他の都市とともに、G20加盟国に対して都市の立場から提言を行い、G20サミットにおける議論が本市を含めた都市にとって、より有意義なものとなるよう取り組んでまいります。

 なお、大阪市の平成31年(2019年)からのU20への参画は、平成30年(2018年)10月29日から30日(現地時間)にブエノスアイレス市で開催されている第1回U20メイヤーズサミットで紹介されます。

 また、平成31年(2019年)の第2回U20メイヤーズサミットは、平成31年(2019年)5月20日から22日まで、東京で開催される予定です。

(参考)Urban20(U20)とは

 平成29年(2017年)12月12日、C40(世界大都市気候先導グループ)等との連携の下、ブエノスアイレス市長及びパリ市長(C40議長)により設立された都市による新たなプラットフォーム。G20の議論(地球規模の課題や社会経済的影響等)を高めるためのメッセージを届けることを活動主旨とする。

Urban20(U20)参画都市(26都市)(平成30年10月30日時点)

バルセロナ、北京、ベルリン、ブエノスアイレス、シカゴ(注)、ダーバン、ハンブルク(注)、ヒューストン、ジャカルタ、ヨハネスブルグ、ロンドン、ロサンゼルス、マドリード、メキシコシティ、ミラノ(注)、モントリオール、モスクワ、ニューヨーク、パリ、リオデジャネイロ、ローマ、サンパウロ(注)、ソウル、シドニー、東京、ツワネ

(アルファベット順)  (注)は本市の姉妹都市

探している情報が見つからない