ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 - 人は人をどう表現してきたか」が入館者20万人を達成しました!

2018年12月27日

ページ番号:456171

問合せ先:大阪市立美術館(06-6771-4874)

平成30年12月27日 14時発表

 大阪市立美術館では、平成30年9月22日(土曜日)から平成31年1月14日(月曜日・祝日)まで、特別展「ルーヴル美術館展 肖像芸術 - 人は人をどう表現してきたか」を開催しておりますが、このたび平成30年12月27日(木曜日)に入館者20万人を達成しました。
 記念すべき20万人目の入館者になったのは、大阪府茨木市にお住まいの山崎 和可菜(やまざき わかな)さんです。山崎さんには、大阪市立美術館 篠 雅廣(しの まさひろ)館長から図録と記念品が贈呈されました。
 山崎さんのコメント:「大阪でルーヴル美術館展が開催されると聞いて楽しみに来ました。」

 なお、大阪市立美術館の年末年始の休館日は、平成30年12月28日(金曜日)から平成31年1月1日(火曜日・祝日)までで、1月2日(水曜日・臨時開館日)からルーヴル美術館展をご覧いただけます。お正月は、大阪市立美術館に是非お越しください。

式典
別ウィンドウで開く

式典の様子(中央が山崎さん)

図録、記念品
別ウィンドウで開く

図録と記念品

参考:展覧会の概要

1 名称

 特別展「ルーヴル美術館展 肖像芸術 - 人は人をどう表現してきたか」

2 開催期間

 平成30年9月22日(土曜日)から平成31年1月14日(月曜日・祝日)まで
 休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館。ただし平成30年12月25日(火曜日)は開館)、平成30年12月28日(金曜日)から平成31年1月1日(火曜日・祝日)まで。

3 会場

 大阪市立美術館(天王寺公園内)

 大阪市天王寺区茶臼山町1-82

 電話:06-6771-4874 ファックス:06-6771-4856 ホームページ:http://www.osaka-art-museum.jp/別ウィンドウで開く

 交通:Osaka Metro御堂筋線・谷町線「天王寺駅」、JR「天王寺駅」、近鉄「大阪阿部野橋駅」、阪堺電車「天王寺駅前駅」、大阪シティバス「あべの橋停留所」下車 北西へ約400メートル

4 入館料

 一般1,600円(20名以上の団体料金1,400円)、高校生・大学生1,200円(20名以上の団体料金1,000円)
 なお、中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。 高校生は土曜日無料(要証明)。大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要。

探している情報が見つからない