ページの先頭です

報道発表資料 プロジェクト・ミーティング「中之島の記憶と未来:アーカイブが語る都市空間」を開催します

2019年1月18日

ページ番号:458297

問合せ先:経済戦略局博物館運営企画室(06-6469-5183)

平成31年1月18日 14時発表

 大阪市は、アートエリアB1運営委員会(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス)と共催で、平成31年3月2日(土曜日)にトークイベントとして「プロジェクト・ミーティング『中之島の記憶と未来:アーカイブが語る都市空間』」を開催します。

 大阪市経済戦略局(大阪中之島美術館準備室)は、大阪の豊かな歴史と都市空間をかたちづくってきた多彩な建築物や都市計画のアーカイブ化を推進しています。近世以来大阪にとって重要な場所であり、近代以降は官庁の建物が並ぶエリアとしても発展した中之島は、近年は文化施設の集積地として、大きな変化の時を迎えています。中之島とその歴史をどのように記録し、現在と未来の糧としていくか。新たな美術館が建設される、中之島の都市景観やまちの在り方について、過去と現在を横断するトークを展開します。

開催概要

イベント名

「プロジェクト・ミーティング『中之島の記憶と未来:アーカイブが語る都市空間』」(トークイベント)

日時

平成31年3月2日(土曜日)16時30分から18時30分まで

会場

定員

50名(参加無料、申込不要、当日先着順)

主催

アートエリアB1運営委員会(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス)、大阪中之島美術館準備室

登壇者

  • 嘉名光市(大阪市立大学工学研究科都市系専攻 教授)
  • 遠藤克彦(建築家)
  • 植木啓子(大阪中之島美術館準備室 研究副主幹)
  • モデレーター:木ノ下智恵子(大阪大学 共創機構社学共創本部 准教授)

探している情報が見つからない