ページの先頭です

報道発表資料 平成30年度「大阪文化祭賞」の受賞者を決定しました

2019年3月8日

ページ番号:462048

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-5170)

平成31年3月8日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、大阪経済記者クラブ

 大阪市は、大阪府、公益財団法人関西・大阪21世紀協会とともに、芸術文化活動の奨励と普及を図り、大阪の文化振興の機運を醸成することを目的に、大阪府内で上演された公演の中から優れた成果をあげたものに対して「大阪文化祭賞」を贈呈しており、今年で55回目の開催となります。
 このたび、平成30年に大阪府内で開催された公演を対象に、独創性に富み、企画・内容・技法が総合的に優れていること等について審査の結果、各賞を決定しました。
 つきましては、平成30年度「大阪文化祭賞」各賞受賞者への贈呈式を次のとおり開催し、受賞者による受賞者記念公演も実施します。

1 平成30年度「大阪文化祭賞」受賞者

大阪文化祭賞
【第1部門】

坂東竹三郎

七月大歌舞伎「女殺油地獄」の成果

【第2部門】

六代目笑福亭松鶴生誕百年祭実行委員会

「六代目笑福亭松鶴生誕百年祭」企画の成果

【第3部門】

尾高忠明指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」の成果

大阪文化祭奨励賞
【第1部門】
  • 浦田保親

第656回大槻能楽堂自主公演能「俊寛」の成果

  • 水野箏曲学院

「MIZUNO KOTO ACADEMY ORIGINAL CONCERT vol.14」の成果

【第2部門】
  • 人形劇団クラルテ

第117回公演創立70周年記念公演「はてしない物語」の舞台成果

  • 空晴

第17回公演「となりのところ」の舞台成果

【第3部門】
  • 日本センチュリー交響楽団

「センチュリー・ジャズ・ナイトVol.3」の成果

  • DANCE PROJECT 218.

「HAMLET」の成果

副賞・受賞理由・略歴等について
  • 副賞賞金として、「大阪文化祭賞」受賞者に20万円、「大阪文化祭奨励賞」受賞者に5万円がそれぞれ贈られます。
  • 各受賞者の受賞理由・略歴等は「平成30年度大阪文化祭賞受賞者受賞理由・略歴」をご参照ください。

平成30年度大阪文化祭賞受賞者受賞理由・略歴

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

2 贈呈式開催概要(予定)

日時
平成31年3月15日(金曜日)14時から15時10分まで(13時30分受付開始)
会場
リーガロイヤルNCB(大阪市北区中之島6-2-27) 2階 淀の間
次第

開式

主催者挨拶

賞贈呈

受賞者記念公演(浦田保親)

閉式

記念写真撮影

3 交流会について

贈呈式後に交流会を開催します。

日時
平成31年3月15日(金曜日)15時10分から16時まで(予定)
2.会場
リーガロイヤルNCB(大阪市北区中之島6-2-27) 2階 淀の間(贈呈式会場内)

4 取材について

  • 取材の受付は当日13時30分より会場受付で行います。受付にて名刺を提供いただくか、又は受付簿への記入をお願いします。
  • 取材中は必ず自社腕章、関西写真記者協会統一腕章、市政記者カードのいずれかを見やすいところに着用してください。腕章等を着用しない方の入室はお断りすることがあります。
  • カメラ取材は、スタッフの指示する所定の位置でお願いします。
  • 取材中は贈呈式の進行を妨げないよう、スタッフの指示、誘導にしたがっていただくなどご協力をお願いします。
  • 駐車場は、地下の有料駐車場をご利用ください。
  • 贈呈式、交流会には、報道関係者を除き、一般の方はご参加いただけません。

5 大阪文化祭賞とは

 大阪文化祭賞の創設は昭和38年にまで遡り、これまで多くの芸術家、実演家が受賞しています。関西の著名な芸術家・文化人・ジャーナリストが、第1部門「伝統芸能・邦舞・邦楽」、第2部門「現代演劇・大衆芸能」、第3部門「洋舞・洋楽」の3部門について、公演を審査し、大阪文化祭賞、大阪文化祭奨励賞を選考します。

6 問合せ先・連絡先

大阪文化祭賞事務局
公益財団法人関西・大阪21世紀協会 文化事業部(担当 北野)
電話:06-7507-2002 ファックス:06-7507-5945
メールアドレス:kitanoy@osaka21.or.jp

〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル29階

探している情報が見つからない