ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪城公園における実証事業支援 ~ 次世代型低速自動走行モビリティサービス「iino」の実証の実施について ~

報道発表資料 大阪城公園における実証事業支援 ~ 次世代型低速自動走行モビリティサービス「iino」の実証の実施について ~

2019年3月14日

ページ番号:464657

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06‐6615‐3723)

平成31年3月14日 11時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、大阪経済記者クラブ、五月会、東京エネルギー記者会

 大阪市、大阪府及び大阪商工会議所により構成する「実証事業検討チーム」は、この度、関西電力株式会社が大阪城公園で実施する次世代型低速自動走行モビリティサービス「iino」を活用した移動空間サービス及び技術実証を支援します。
 「iino」は、関西電力株式会社が開発した時速1から5キロメートルの低速で自動走行するモビリティサービスです(参考:資料1)。今回の実証は、大阪城公園内での実用化を目的としたものではありませんが、「日本伝統文化×時速5キロ」をテーマに、モビリティ上で茶や舞踊、和楽器を中心とした演奏などのコンテンツを提供し、観光地を訪問する外国人を対象に、単なる移動では得られないエンターテインメント性の高い体験を提供する新サービスの開発をめざします。
 なお、本実証事業は、平成30年7月20日から9月28日までの期間に実施した「大阪城公園における実証事業」の案件募集(平成30年7月20日付報道発表済)への応募によるものであり、平成30年12月には株式会社ダイヘンが、平成31年2月には日本気象株式会社がそれぞれ実証を実施しています。他の案件についても、準備が整ったものから順次実施していきます。
 今後も、「未来社会の実験場」の実現をめざす2025年大阪・関西万博に向けて、引き続き実証事業支援の取り組みを積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組んでいきます。

実施概要

1. 日程

平成31年3月17日(日曜日)から21日(木曜日・祝日)まで

2. 場所

大阪城公園内(西の丸庭園、城南エリア、市民の森)
(注)場所の地図については資料2をご覧ください。なお、現場状況によってその他のエリアも走行する場合があります。
(注)具体的な走行日時等については大阪市ホームページからご覧になれます。

3. 実施主体

関西電力株式会社(本社:大阪市、取締役社長:岩根茂樹氏)

4. 内容

低速(時速1から5キロメートル)で移動するモビリティ上で、以下のコンテンツを提供し、今後のサービス化に向けた実証を行う。

  1. 日本伝統文化(茶、日本舞踊、三味線)に関するパフォーマンス
    (実施場所:西の丸庭園)
  2. 複数台のモビリティの同時走行による和楽器を中心とした演奏
    (実施場所:西の丸庭園)
  3. 茶・和菓子等の販売
    (実施場所:城南エリア、市民の森)

5. 問合せ先

本実証実験実施に関すること

 関西電力株式会社 広報室報道グループ 電話:06-7501-0242(平日9時から17時)

実証事業検討チーム、大阪城公園における実証事業に関すること
 大阪市経済戦略局立地交流推進部事業創出担当 電話:06-6615‐3726(平日9時から17時)

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪城公園における実証事業支援 ~ 次世代型低速自動走行モビリティサービス「iino」の実証の実施について ~