ページの先頭です

報道発表資料 大阪マラソン・ファンランイベント「Happy Morning Run」における参加料過少請求について

2019年7月19日

ページ番号:475946

問合せ先:大阪マラソン組織委員会事務局(06-6210-9317)

令和元年7月19日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、関西運動記者クラブ

 大阪マラソン組織委員会では、令和元年12月1日(日曜日)に開催する「第9回大阪マラソン」の前日にファンランイベントとして「Happy Morning Run(注)」を開催することとしています。
 このたび、参加者の募集にあたり、グループ単位でエントリーして頂いた方に、本業務の受託事業者が参加料を過少請求する事案が発生いたしました。
 ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に努めてまいります。
 過少請求いたしました方々には、本日お詫びするとともに、参加料不足分のお支払いを電子メールで依頼しました。
 なお、事案発覚後、速やかにシステムを改修しております。

(注)「Happy Morning Run」

  • 大阪マラソンに参加する海外ランナーとの交流を目的に、大阪マラソンの大会前日にファンランイベントとして第7回大会(平成29年)から実施。
  • 募集期間:令和元年7月3日(水曜日)から8月30日(金曜日)まで(先着順)
  • 参加料:個人3,000円、グループ(5人まで)3,000円×人数

1.事案の概要

 第9回大阪マラソン・ファンランイベント「Happy Morning Run」の参加者募集にあたり、下記期間中にグループ単位でエントリーされた方に対する参加料を過少に請求しました。

  • 請求期間:令和元年7月3日(水曜日)10時から4日(木曜日)11時55分
  • 請求件数:60件(国内25件、国外35件、クレジットカード決済) 
  • 不足額:139,500円
    本来、459,000円を請求すべきところ、319,500円(国内126,000円、国外193,500円)の請求となってしまった。

2.経緯

  • 令和元年7月3日(水曜日)
    エントリー受付開始
  • 令和元年7月4日(木曜日)
    コールセンターに、グループエントリーの人数と請求金額が相違しているとの問合せのメール、電話あり(3件)
    受託事業者において、システム設定に誤りがあることが判明し、11時55分にシステムを改修(以降のエントリーは、正規の参加料で請求)
    過少請求した応募者に対する追加請求のためのシステム構築に向け作業
  • 令和元年7月5日(金曜日)
    受託事業者から大阪マラソン組織委員会事務局に上記内容の報告あり
  • 令和元年7月19日(金曜日)
    追加請求のシステム構築完了

3.原因

  • 今大会から、一人あたりの参加料を1,500円から3,000円に変更したが、ホームページでのエントリー時の「エントリー画面」については、請求金額を代表者、参加メンバーとも3,000円に変更したものの、「請求画面」については、代表者のみ変更し、参加メンバーは変更していなかった。
  • システムの変更については、受託事業者がチェックを行っていたが不十分であった。

4.今後の対応

 過少請求(入金済)した方々に本日、電子メールにてお詫びするとともに、参加料不足分をお支払い頂き参加していただけるよう依頼しました。また、大阪マラソンの公式ホームページにも掲載しました。

5.再発防止策

 今後、再発防止に向け、大阪マラソン組織委員会としては、受託事業者にチェック体制の強化を指導するとともに、受託事業者において、業務システム変更の際にはチェック担当の増員やマニュアルの作成等によりチェック体制を強化します。

探している情報が見つからない