ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 スポーツのケガを未然に防げ!画像認識技術を活用したフィジカルチェックシステムの検証を実施します

報道発表資料 スポーツのケガを未然に防げ!画像認識技術を活用したフィジカルチェックシステムの検証を実施します

2019年7月29日

ページ番号:476160

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06‐6615‐3723)

令和元年7月29日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市(委託先:AIDOR共同体)は、IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」として、日本電気株式会社(NEC)によるフィジカルチェックシステムの検証を、令和元年8月5日(月曜日)から11月初旬の約3か月間、大阪舞洲の「おおきにアリーナ舞洲」にて実施します。

 近年、スポーツをする上で、ケガや故障を未然に防ぐという考え方が出てきています。そうした背景から同社が開発しているのが、「フィジカルチェックシステム」です。同システムは3Dセンサカメラなど画像認識技術を活用して関節可動域や可動距離を計測するもので、計測したデータからフィジカルコンディションを評価し、ケガのリスク評価を行うことが可能となります。

 今回の実証実験では、総合学園ヒューマンアカデミーバスケットボールカレッジ(注)の学生を対象に、フィジカルコンディションの管理についてこのシステムの有効性を検証します。

 同社では、実証実験を通して得た結果をもとに実用化に取り組むとともに、自分でコンディション管理ができる環境づくりと、計測データを用いたケガのリスクファクターの抽出及びその改善方法を提示し、若年層におけるケガ予測の高精度化をめざします。

 またAIDORエクスペリメンテーションでは、今年度も引き続き、全国から実証実験を募集しています。そして、「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025年大阪・関西万博に向けて実証実験支援の取組を積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組んでまいります。

(注)バスケットボールに関わる”プロ”を育成する専門校。大阪エヴェッサと教育提携しており、大阪エヴェッサ育成システム「ヤングスターバスケットボールプログラム」を実施。ヒューマンアカデミー株式会社が運営。

概要

実施名称
フィジカルチェックシステムの検証
実施主体

日本電気株式会社(NEC)

フィジカルチェックシステムの計測方法について

 フィジカルチェックシステムは、3Dセンサカメラの前に立ち、測りたい姿勢を取るだけで、関節可動域・可動距離を3分程度で簡単に計測することが可能です。専用サイトに計測結果が表示され、自分のスマートフォンからも確認することができます。

 計測結果に応じて、専用の動画を使って必要なストレッチ、トレーニング等を指導します。


別ウィンドウで開く

3Dセンサカメラの前に立ち、計測する様子

実施内容
  • フィジカルチェックシステムをおおきにアリーナ舞洲内に設置し、練習前に各項目を学生自身で計測。計測頻度は週1回程度を想定

  • 股関節、足関節など6項目を計測

  • 被験者は、総合学園ヒューマンアカデミーバスケットボールカレッジの学生計19名を予定

検証項目
  • ケガ予防の観点で評価したい関節可動域・可動距離についての計測データの精度・信頼度の確認

  • トレーナーの処置等、対応が必要な選手を導出できるなど、計測データからケガの発生に関わる基準値(モデル)の評価

  • 短時間かつ簡易に計測・評価し、日々の練習時間への影響を最小化するオペレーションであるかの確認

実施期間

令和元年8月5日(月曜日)から11月初旬までの約3か月間(予定)

実施場所

おおきにアリーナ舞洲(大阪市此花区北港緑地2-2-15

取材について
取材をご希望の場合は、下記の「問合せ先」までご連絡ください。

(参考)IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDORエクスペリメンテーション」

 大阪市が大阪南港の複合型商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」と大阪舞洲のスポーツ施設を実証フィールドとして実施する、開発・改良に必要な実証実験の支援プログラムです。一般的に、IoT・ロボットテクノロジーを活用して事業展開するにあたっては、ユーザー検証が必要となりますが、多くの企業にとって、実証実験場所の確保が課題となっています。そうしたことから、本プログラムでは、各施設と連携して場所の調整を行うほか、マッチングなど、事業化に必要な支援も提供しています。

 引き続き、全国から募集した複数の実証実験を順次実施していきます。詳しくはAIDORエクスペリメンテーションのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

AIDORエクスペリメンテーション募集チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

問合せ先

AIDORエクスぺリメンテーション事務局(ソフト産業プラザTEQS内)

事業担当 松出(マツイデ)/広報担当 河村・手嶋 電話 06-6615-1000

 本事業は、大阪市が委託し、AIDOR共同体(公益財団法人大阪産業局、一般社団法人i-RooBO Netowork Forum)が実施しています。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 スポーツのケガを未然に防げ!画像認識技術を活用したフィジカルチェックシステムの検証を実施します