ページの先頭です

報道発表資料 「ムムム!!文楽シリーズ 春まつり文楽 in TWIN 21」を開催します

2020年1月30日

ページ番号:486138

本件については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、中止となりました。別途報道発表をご参照ください。

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-5170)

令和2年1月30日 14時発表

 大阪市は、大阪が世界に誇る伝統芸能でありユネスコ無形文化遺産である「人形浄瑠璃文楽」を、市民のみなさまにより身近に親しんでいただける催しとして、令和2年3月5日(木曜日)と3月6日(金曜日)の2日間、「ムムム!!文楽シリーズ 春まつり文楽 in TWIN21」を開催します。

 国立文楽劇場を飛び出し、大阪城のお膝元「ツイン21」を会場に、5日(木曜日)はお仕事帰りにご覧いただきやすい18時から、6日(金曜日)はランチタイムにお楽しみいただけるよう12時30分からの開演を予定しています。

 「人形浄瑠璃文楽」を初めてご覧になられる方もお楽しみいただける内容で、観覧無料です。

1.日時

令和2年3月5日(木曜日)

開演:18時

終演:19時(予定)    

令和2年3月6日(金曜日)

 開演:12時30分

 終演:13時30分(予定)

2.場所

ツイン21 1階アトリウム(大阪市中央区城見2-1-61

Osaka Metro長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅下車4号出口から徒歩約1分

JR環状線・東西線「京橋」駅下車西出口から徒歩約6分

京阪電車京阪本線「京橋」駅下車片町口出口から徒歩約5分

3.料金

無料(事前申込み不要)

4.内容

  • 文楽の魅力を解説するミニトーク(約15分)
  • 上演「二人三番叟(ににんさんばそう)」(約20分:ダイジェスト版)
  • 太夫・三味線・人形遣いの体験コーナー(約25分)
  •  

    開催PRのため2月27日(木曜日)から、巨大オブジェ(注)を展示。

    (注)展示される巨大オブジェは、文楽「五条橋」に登場する文楽人形「弁慶」の首(かしら)。

       オブジェの高さ約2メートル(実物の10倍)

    主な出演者
    太夫

    豊竹 芳穂太夫(とよたけ よしほだゆう)

    竹本 小住太夫(たけもと こすみだゆう)

    三味線

    鶴澤 藤蔵(つるざわ とうぞう) 【平成15年度 咲くやこの花賞受賞者】

    鶴澤 友之助(つるざわ とものすけ)

    人形遣い

    吉田 文哉(よしだ ぶんや)

    吉田 簑紫郎(よしだ みのしろう)  【平成28年度 咲くやこの花賞受賞者】

    (注)出演者、演目については、都合により変更の場合があります。

    5.主催

    文楽を中心とした古典芸能振興事業実行委員会(大阪市、公益財団法人 文楽協会)

    6.取材申込及び問合せ

    令和2年3月5日(木曜日)・6日(金曜日)の取材をご希望の場合は前日までにご連絡ください。

    経済戦略局文化部文化課

    電話:06-6469-5176(9時から17時30分まで、土曜日・日曜日・祝日除く)

    ファックス:06-6469-3897

    春まつり文楽 in TWIN21チラシ

    Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
    PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

    探している情報が見つからない