ページの先頭です

報道発表資料 「こども本の森 中之島」設立記念連続講演会(第4回)を開催します

2019年12月16日

ページ番号:487364

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-3887)

令和元年12月16日 14時発表

  大阪市は、こども本の森設立記念講演会実行委員会、公益財団法人 文字・活字文化推進機構、大阪市立科学館との共催、及び、地方独立行政法人大阪市博物館機構の後援により、「こども本の森 中之島」の開館に向けた講演会を令和2年1月18日(土曜日)に開催します。

 「こども本の森 中之島」は、大阪出身の建築家である安藤忠雄氏から自身の設計による建物の寄附を受け、中之島公園内に、本や芸術文化を通じて子どもたちが豊かな創造力を育む施設として、令和2年3月1日(日曜日)に開館します。

 この講演会は、「こども本の森 中之島」の取組の趣旨に賛同する各界の著名人を講師にお招きし、自身の読書体験や、それとつながる現在の活動を紹介していただくことで、子どもたちに本や芸術と触れる体験のすばらしさを伝え、開館に向けた気運を醸成することを目的としています。

 第4回となる今回は、日本科学未来館の館長で宇宙飛行士の毛利衛(もうりまもる)氏、同館で科学コミュニケーターを務める小熊みどり(おぐまみどり)氏を講師に迎えます。冒頭に、安藤忠雄氏、松井一郎大阪市長も登壇し、「こども本の森 中之島」に向けた思いを語ります。

 なお、第1回は平成30年6月、第2回は平成30年11月、第3回は令和元年8月に開催されました。第4回となる今回が連続講演会の最終回となります。

講演会の概要

1.日時・場所

令和2年1月18日(土曜日)18時から19時30分(終了時間は予定)

大阪市立科学館 プラネタリウムホール(大阪市北区中之島4-2-1

2.タイトル・講師

「こども本の森 中之島」設立記念連続講演会 第4回「ようこそ宇宙の旅へ」

講師:毛利衛氏、小熊みどり氏

3.講師プロフィール

毛利衛氏/日本科学未来館館長・宇宙飛行士

毛利氏写真

1948年北海道生まれ。理学博士。1985年北大助教授から宇宙飛行士に転身。1992年日本人初の宇宙実験と宇宙授業を実施。2000年高精細立体地形図作成ミッション搭乗。ハイビジョンカメラによる世界初地球観測。同年、日本科学未来館館長。2003年潜水艇で水深6,500メートル潜航し深海実験を実施。同年、世界初南極皆既日食観測に参加しTV生中継。2007年南極昭和基地からアジアの科学館を結び地球環境授業実施。受賞多数。著書に「モマの火星探検記」(講談社)「日本人のための科学論」(PHP出版)「宇宙から学ぶ ユニバソロジのすすめ」(岩波書店)「宇宙からのことば」(学研プラス)など多数。

小熊みどり氏/日本科学未来館 科学コミュニケーター

小熊氏写真

山形県生まれ。日本科学未来館 科学コミュニケーター。東京大学理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程修了。

民間企業と宇宙ミュージアムTeNQでの研究活動を経て、2015年より日本科学未来館の科学コミュニケーターとして、月や火星などの宇宙探査計画をはじめとした幅広い分野において、イベントの企画・実施、執筆などを行っている。

4.定員・対象

定員:約300名

対象:小学校4年生~中学生の児童生徒とその保護者(小学生は保護者同伴)

5.参加費
無料
6.申込方法

 令和2年1月6日(月曜日)までに、申込フォーム又はファックスのいずれかの方法で、公益財団法人 文字・活字文化推進機構へお申込みください。申込多数の場合は抽選となります。

 申込結果は令和2年1月10日(金曜日)までにお知らせします。

(注)申込記載事項に不備があった場合、申込結果をお知らせできない場合があります。

申込フォームの場合

公益財団法人 文字・活字文化推進機構ホームページ別ウィンドウで開くからお申し込みください。

ファックスの場合

【記入事項】

  • 上部に「本の森講演会申込」と記載してください。
  • 次の内容を記載してください。

(1)代表者のご住所、電話番号

(2)申込者全員の氏名と子どもの学年

(3)返信を希望するファックス番号

【送付先】

03-5211-7285

取材について 

  • 取材の受付は、当日17時30分から大阪市立科学館1階プラネタリウムホール入口において開始し、18時に締め切ります。必ず、時間内に受付をお済ませください。
  • 受付で名刺受けを行いますので、名刺をご持参いただきますようお願いします。名刺のご持参がない場合、取材いただけないことがございますのでご注意ください。
  • 取材に際しては、必ず自社腕章、関西写真記者会統一腕章又は市政記者カードを見えやすいところに着用してください。腕章等の着用がない場合、取材いただけないことがございますのでご注意ください。
  • カメラ取材におけるENG・スチール・デジカムの取材位置は固定とし、1社1カメラでお願いします。
  • 取材中は、講演会の進行を妨げないよう、職員の指示、誘導にしたがっていただくなどご協力をお願いします。
  • 講演会では、スライドの撮影はご遠慮いただきますようお願いします。

探している情報が見つからない