ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 利用者の声を集めて精度の高い出店計画へ 南港ATCで店舗と利用者をつなぐ商圏分析アプリの実証実験を実施します

報道発表資料 利用者の声を集めて精度の高い出店計画へ 南港ATCで店舗と利用者をつなぐ商圏分析アプリの実証実験を実施します

2020年10月13日

ページ番号:515762

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06‐6615‐3723)

令和2年10月13日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市(委託先:AIDOR共同体)は、IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」として、株式会社URTOWNによる「あなたの声で街を作ろうプロジェクト」の実証実験を、令和2年10月19日(月曜日)から令和3年3月31日(水曜日)にかけて、大阪南港の商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」にて実施します。

 本件は、店舗と地域の利用者をつなぐ商圏分析アプリ「URTOWN」の機能検証を目的に実施します。本アプリは、利用者の声をもとに個人商店や商業施設などが商圏分析やニーズ調査をできるアプリです。利用者自ら出店リクエストができ、店舗や商業施設はその声をもとに出店の検討を行うことが可能となります。

 従来、店舗の新規出店や商業施設の出店誘致にあたっては、通行量調査をはじめとした現地調査などが主な需要分析手段であり、利用者ニーズを事前に取得することは困難でした。

 一方、利用者側も、例えば自分の住む街に「こんなお店があればいいのに」という思いはあるものの、その声を届ける手段がありませんでした。その両者の不満や課題を解決するべく開発されたのが、本アプリです。

 今回の実証実験では、ATCへの来館者を対象に本アプリを使ってもらうことで、利用者の声を収集します。そして、施設の運営を行うアジア太平洋トレードセンター株式会社にそのデータを評価してもらうことで情報の内容や精度などの検証を行います。

 今後、実証実験を通して得た結果をもとに改善を行い、早期の事業化をめざします。

概要

実施名称

あなたの声で街を作ろうプロジェクト

実施主体

株式会社URTOWN(代表取締役:田中 東)

所在地:東京都渋谷区上原2-36-3

 令和2年6月創業。アプリ及びWebツールの開発・運営を行っています。現在、スマートフォンアプリ「URTOWN」の開発を行い、早期の事業化をめざして取り組んでいます。

内容

 ATCへの来館者を対象にアプリのダウンロードを促し、利用してもらい、アプリの機能やニーズを検証するとともに、集まったデータの評価を行います。評価にあたっては、施設の運営を行うアジア太平洋トレードセンターの協力のもと実施します。

出店リクエスト

アプリの画面イメージ

リクエスト結果
検証項目

 ATCへの来館者及びアジア太平洋トレードセンター株式会社に実際にアプリを利用してもらうことで、以下の仮説をヒアリングなどをもとに検証する。

  • 利用者側の不満

 利用者は、自身の生活エリアに存在する店舗に対し不満を感じており、出店してほしい店舗や既存店舗で取り扱ってほしい商品について情報発信したいと感じている。

  • 店舗や商業施設などの課題

 店舗経営者や商業施設などの店舗誘致担当者は、利用者の声などのニーズ情報から精度の高い出店計画や、販促戦略を立てたいと考えている。

実施期間

令和2年10月19日(月曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

実施場所

アジア太平洋トレードセンター(ATC) ITM棟2F(大阪市住之江区南港北2-1-10

取材について

 取材をご希望の場合は、下記の「問合せ先」までご連絡ください。

問合せ先

ソフト産業プラザTEQS

事業担当 松出(マツイデ)、広報担当 河村・手嶋 電話 06-6615-1000

受託事業者

AIDOR共同体(公益財団法人大阪産業局、一般社団法人i-RooBO Network Forum)

(参考)IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDORエクスペリメンテーション」

 大阪市が大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」と大阪舞洲のスポーツ施設を実証フィールドとして実施する、開発・改良に必要な実証実験の支援プログラムです。一般的に、IoT・ロボットテクノロジーを活用して事業展開するにあたっては、ユーザー検証が必要となりますが、多くの企業にとって、実証実験場所の確保が課題となっています。そうしたことから、本プログラムでは、各施設と連携して場所の調整を行うほか、マッチングなど、事業化に必要な支援も提供しています。

 引き続き、全国から募集した複数の実証実験を順次実施していきます。詳しくは、AIDORエクスペリメンテーションのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

AIDORエクスペリメンテーション募集チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 利用者の声を集めて精度の高い出店計画へ 南港ATCで店舗と利用者をつなぐ商圏分析アプリの実証実験を実施します