ページの先頭です

報道発表資料 第37回「織田作之助賞」最終候補作品が決定しました

2020年11月26日

ページ番号:519074

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-5170)

令和2年11月26日 14時発表

 織田作之助賞実行委員会(構成:大阪市、大阪文学振興会、関西大学、パソナグループ、毎日新聞社)は、令和元年10月1日(火曜日)から令和2年9月30日(水曜日)までの1年間に初版が刊行された新鋭・気鋭の作家の小説を対象とした第37回「織田作之助賞」の候補作品について、作家、評論家、ジャーナリスト、文芸関係者などからの推薦を受け、最終候補として5作品を決定しましたので、お知らせします。 

 なお、受賞作品は、令和2年12月9日(水曜日)15時から行う最終選考会で決定し、下記のとおり同日17時30分から毎日文化センター・大阪で記者会見を行います。

第37回織田作之助賞最終候補作品
著者名(50音順)書名出版社
温又柔(おんゆうじゅう)『魯肉飯(ロバプン)のさえずり』中央公論新社
武田 綾乃(たけだ あやの)『愛されなくても別に』講談社
藤野 可織(ふじの かおり)『ピエタとトランジ<完全版>』講談社
又吉 直樹(またよし なおき)『人間』毎日新聞出版
宮内 悠介(みやうち ゆうすけ)『黄色い夜』集英社

記者会見について

日時
令和2年12月9日(水曜日)17時30分から(選考会次第で遅れることがあります)
会場

毎日文化センター・大阪(大阪市北区梅田3-4-5) 

出席予定者
織田作之助賞選考委員(予定)
織田作之助賞選考委員名簿
氏名(50音順)職業
いしい しんじ作家
重里 徹也(しげさと てつや)文芸評論家 
芝井 敬司(しばい けいじ)西洋史研究者
高村 薫(たかむら かおる)作家
田中 和生(たなか かずお)文芸評論家

取材について

 事前申込みは不要です。当日、直接会場へお越しください。

問合せ先

織田作之助賞実行委員会事務局(担当:濱)

住所:大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞大阪本社学芸部内

電話:06-6346-8201

ファックス:06-6346-8204

探している情報が見つからない