ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 南港ATCで無線LAN活用プラットフォームを使ったデジタルサービスの実証実験を実施します

報道発表資料 南港ATCで無線LAN活用プラットフォームを使ったデジタルサービスの実証実験を実施します

2021年3月16日

ページ番号:530259

問合せ先:経済戦略局立地交流推進部イノベーション担当(06‐6615‐3723)

令和3年3月16日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市(委託先:AIDOR共同体)は、IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」として、株式会社スーパーソフトウエアによる「無線LAN活用プラットフォーム『natadeCOCO』を用いたイベント向け写真印刷サービス」の実証実験を、令和3年3月19日(金曜日)から、大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」にて実施します。

 本件は、店舗などの限られた範囲内で事業者が簡単にデジタルコンテンツを配信できるウェブサービス「natadeCOCO」の機能検証を目的に実施します。「natadeCOCO」は、指定されたWi-Fiエリアで、スマートフォンを通じた動画やクーポン配信など、その場限定のコンテンツの提供が可能なサービスです。

 実証実験では、ATCの施設である「あそびマーレ」や3月下旬に開催予定の「キッズテックエキスポ」のイベント会場で本サービスをテスト導入し、同社が開発する「フォトプリントサービス」を提供することで、リアルな環境での運用及び機能検証を行います。

 従来、事業者が独自にデジタルサービスを開発するためには、システム構築やコンテンツ制作などの手間と費用がかかり、多くの場合、小規模店舗や単発イベントなどでのサービス提供が困難でした。そうした課題を解決すべく開発されたのが、本サービスです。同社では、今回の検証を踏まえて、年内の一般向けサービス開始をめざしています。

 AIDORエクスペリメンテーションでは、「未来社会の実験場」をコンセプトとする令和7年(2025年)の大阪・関西万博に向けて、実証実験支援の取組を積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組んでまいります。

概要

実施名称

無線LAN活用プラットフォーム「natadeCOCO」を用いたイベント向け写真印刷サービスの実証実験

実施主体

株式会社スーパーソフトウエア(代表取締役社長:船木 雅文)

所在地: 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー20階

 「制御系・組込み系のシステム開発」や「システムプログラム開発」などに強みを持つソフトウェア開発会社です。「車の自動運転プロジェクト」への参画や「AIを駆使したより高度な道路情報システム」への参画などの取組も積極的に行なっています。詳しくは株式会社スーパーソフトウエアのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

内容

 ATCの施設及びイベント会場にて「natadeCOCO」を使った「フォトプリントサービス」を実際に運用し、日常的に稼働している複合商業施設での機能検証を実施します。

 具体的には、施設管理者やイベント主催者が実際に本サービスを運用した際のUX(注)などの検証を行います。また、来場者にご自身のスマートフォンから利用していただき、楽しさを提供できているかなどのユーザー視点での機能検証を行います。

(注)UXとは、マーケティングの観点から、製品やサービスを通じてユーザーが得られる体験の総称です。

検証を行うサービスについて
  • 「natadeCOCO」

 指定されたWi-Fiエリアでデジタルコンテンツを配信できるウェブサービスです。コンテンツ配信者(事業者やイベント主催者等)は、管理コンソール(注1)を使い利用登録並びに配信ユニット(注2)という専用サーバに提供したいコンテンツを登録することで、店舗などの限られた範囲内で提供可能な「フォトプリントサービス」など、場所独自のデジタルコンテンツを短期間・低コストで実現することができます。

natadeCOCOの仕組みの画像

「natadeCOCO」の仕組み

(注1)管理コンソールとは、事業者が配信ユニットやコンテンツの管理を行うためのWebサイトです。

(注2)配信ユニットとは、事業者がコンテンツを配信するための専用サーバです。指定の無線LANアクセスポイントに紐付き、配信するコンテンツはそのエリア内のみで利用可能となります。

  • 「フォトプリントサービス」

 スマートフォンで二次元コードを読み取り、撮影または選択した写真を、ご当地フレームを付けてその場で印刷できるサービスです。

フォトプリントサービスの利用手順の画像

「フォトプリントサービス」の利用手順

検証項目
  • 「natadeCOCO」を活用してフィールドに適したデジタルサービスを実現できるかどうかの検証
  • 施設管理者やイベント主催者が実際にサービスを運用することによるUXなどの検証
実施期間

令和3年3月19日(金曜日)から3月22日(月曜日)まで及び3月26日(金曜日)から3月29日(月曜日)まで

実施場所

アジア太平洋トレードセンター(大阪市住之江区南港北2-1-10) ITM棟5階ATCあそびマーレ、O's棟北館2階オズ北ゲートB及びITM棟3階キッズテックエキスポ会場(注)

(注)キッズテックエキスポ別ウィンドウで開くは、ATCで、令和3年3月27日(土曜日)及び28日(日曜日)に開催予定のイベントです。キッズテックエキスポ会場では、イベント開催時のみ実証実験を実施します。

取材について

 取材をご希望の場合は、下記の「問合せ先」までご連絡ください。

問合せ先

ソフト産業プラザTEQS

事業担当 松出(マツイデ)、広報担当 河村・手嶋 電話 06-6615-1000

受託事業者

AIDOR共同体(公益財団法人大阪産業局、一般社団法人i-RooBO Network Forum)

(参考)IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDORエクスペリメンテーション」

 大阪市が大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」と大阪舞洲のスポーツ施設を実証フィールドとして実施する、開発・改良に必要な実証実験の支援プログラムです。一般的に、IoT・ロボットテクノロジーを活用して事業展開するにあたっては、ユーザー検証が必要となりますが、多くの企業にとって、実証実験場所の確保が課題となっています。そうしたことから、本プログラムでは、各施設と連携して場所の調整を行うほか、マッチングなど、事業化に必要な支援も提供しています。

 引き続き、全国から募集した複数の実証実験を順次実施していきます。詳しくは、AIDORエクスペリメンテーションのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

AIDORエクスペリメンテーション募集チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 南港ATCで無線LAN活用プラットフォームを使ったデジタルサービスの実証実験を実施します