ページの先頭です

報道発表資料 緊急事態措置の期間延長に伴い、酒類提供飲食店への支援を再度延長します

2021年5月31日

ページ番号:536897

問合せ先:経済戦略局産業振興部産業振興課(06-6615-3718)

令和3年5月31日 14時発表

 大阪市は、緊急事態措置期間が令和3年6月20日(日曜日)まで再延長されたことに伴い、酒類を提供する飲食店に対する大阪府の協力金に加えて、上乗せ協力金を継続して支給します。
 今回の緊急事態措置では、酒類を提供する飲食店は休業、提供しない飲食店は夜8時までの営業を大阪府から要請されています。このため、酒類提供を主として営業している一定規模以上の飲食店への影響は一層、厳しい状況となることから、それらの事業者に対する支援を行います。

1 酒類提供飲食店への支援について

(1) 支給対象
酒類提供を主として営業する大阪市内の店舗
(2) 支給要件(予定)
  • 緊急事態措置期間において、大阪府営業時間短縮協力金の給付を受けていること
  • 売上に占めるお酒の割合が20パーセント以上であること
  • 売上日額10万円を超えていること
  • 要請により以前に行っていた11時から19時までの酒類提供をとりやめたこと など
(3) 支給金額(予定)

日額1万円から最大2万5千円(大阪府の協力金と合わせて売上の50パーセント相当支援)

(4) 必要書類(予定)

売上に占めるお酒の割合がわかる書類(売上台帳・仕入表等の会計資料、レジの記録など)

(5) その他

 大阪府の協力金と合わせて実施しますので、詳細が決定次第、ホームページでお知らせします。

2 問合せ先

(1) 要請に関すること

緊急事態措置コールセンター(電話06-7178-1398

(注)月曜日から金曜日までの9時30分から17時30分まで(祝日を除く)
(2) 酒類提供飲食店への支援に関すること

大阪市営業時間短縮協力金コールセンター(電話06-6655-0711)

(注)月曜日から土曜日までの9時から17時30分まで(祝日を除く)

(参考)これまでの経緯

探している情報が見つからない