ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査2021」を実施します

報道発表資料 「大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査2021」を実施します

2021年8月17日

ページ番号:542207

問合せ先:経済戦略局文化部文化課(06-6469-5170)

令和3年8月17日 14時発表

 大阪市では、新型コロナウイルス感染症拡大により深刻な影響を受けている大阪の文化芸術関係者へのアンケート調査「大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査2021」を実施します。

 本調査は、大阪がこれまで育んできた文化芸術を守り、文化芸術の回復を図るための支援を検討する基礎資料とすることを目的とし、より多くの回答を得て調査を有意義なものとするため、大阪アーツカウンシルの協力を得て実施します。なお、一般財団法人おおさか創造千島財団が令和2年5月28日(木曜日)から令和2年6月5日(金曜日)まで実施した「大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査別ウィンドウで開く」の内容を踏襲し、直近の実態を調査します。

調査の名称

大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査2021

調査の対象

大阪府在住または大阪府内を活動拠点としている、全ての表現分野の、制作発表、企画制作、技術提供、施設運営、教育研究等に関わる個人や団体・事業所

調査の方法

 大阪市行政オンラインシステムにて回答してください。回答は無記名形式です。個人の方と団体・事業所の方でアンケートが異なります。

回答期限

令和3年8月31日(火曜日)まで

調査結果

 9月中旬に大阪市ホームページ「歴史・文化に関するお知らせ」に掲載し、今後の大阪の文化芸術への支援を検討する基礎資料とします。

協力

大阪アーツカウンシル

問合せ先

大阪市経済戦略局文化部文化課

電話:06-6469-5173 ファックス:06-6469-3897

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査2021」を実施します