ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 複合商業施設ATCで社会課題の解決に向けて挑戦 リアルなサービス環境で2件のIoT関連サービスの実証実験を実施します

報道発表資料 複合商業施設ATCで社会課題の解決に向けて挑戦 リアルなサービス環境で2件のIoT関連サービスの実証実験を実施します

2022年1月7日

ページ番号:553206

問合せ先:経済戦略局産業振興部イノベーション課(06‐6615‐3723)

令和4年1月7日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市は、成長産業の振興等を図るため、民間事業者等による先端技術を活用した実証実験を支援しています。
 この度、下記2件の実証実験を大阪南港の複合商業施設ATCで実施します。

 (1)触れずに操作できる案内システム「ビジョンコントローラ」の機能検証(株式会社デナリパム)
 (2)大型荷物一時保管装置「Baggageport-有料タイプ」の機能検証(株式会社シブタニ)

 いずれも、AIやIoT技術を活用した製品・サービスの実証実験で、不特定多数の利用者が行き交う公共空間や実際に作業が行われている現場などでの実運用を想定しています。
 今後、各社では今回の実証実験結果を踏まえ、技術の向上や活用範囲の拡大の検証を行い、社会実装をめざしていきます。

 なお、本件は、本市の中小企業支援施策の執行機関である公益財団法人大阪産業局が本市交付金による事業として実施するIoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDOR(アイドル)エクスペリメンテーション」として実施するものです。  
 「AIDORエクスペリメンテーション」では「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025年大阪・関西万博に向けて、実証実験支援の取組を積み重ね、大阪における新たなビジネス創出に取り組んでいます。

概要

1.触れずに操作できる案内システム「ビジョンコントローラ」の機能検証
実施主体

株式会社デナリパム(代表取締役:井本 直正)
所在地:大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟6F
 AIやIoT技術、5G、ロボティクスなどを組み合わせた製品のデザイン及び開発などをしています。詳しくは株式会社デナリパムのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

内容

 株式会社デナリパムでは、非接触操作システム「ビジョンコントローラ」を使った、非接触による受付・案内システムを開発しています。
 無人の受付・案内システムはタッチパネルを手で操作するタイプが主流となっていますが、「ビジョンコントローラ」はAIと画像認識を組み合わせることで、画面に表示されるメニューや操作ボタンを手などのジェスチャーだけで操作できます。
 今回の実証実験では、「ビジョンコントローラ」を使った案内システムを実際のオフィスに設置し、窓口業務の省力化への評価とシステムの機能・技術検証を行います。

実施期間

令和4年1月17日(月曜日)から1月28日(金曜日)まで

実施場所

ソフト産業プラザTEQS ビジネスカフェ(ATCビル ITM棟6F)(大阪市住之江区南港北2-1-10

2.大型荷物一時保管装置「Baggageport-有料タイプ」の機能検証
実施主体

株式会社シブタニ(代表取締役社長:石橋 芳男)
所在地:大阪市中央区瓦町1-2-13
 錠前・サッシ・ドア用付属金具や自動車用付属金具・環境関連商品の設計、製造支援及び販売などをしています。詳しくは株式会社シブタニのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

内容

 株式会社シブタニでは、キャリーケースやベビーカーなど大型荷物の一時保管装置を開発しており、ユーザー利用料の無料タイプはすでに市場化されています。
 今回の実証実験では、有料タイプの市場化を目的に、ICカードや二次元バーコード決済による課金システムの使い勝手や最適な料金体系の検証などを行います。

実施期間

令和4年1月24日(月曜日)から3月31日(木曜日)まで

実施場所

アジア太平洋トレードセンター(ATCビル ITM棟2F連絡通路)(大阪市住之江区南港北2-1-10

問合せ先

ソフト産業プラザTEQS(公益財団法人大阪産業局)

担当 下地、西、手嶋 電話 06-6615-1000

(参考)IoT・ロボットビジネス実証実験支援プログラム「AIDORエクスペリメンテーション」

 公益財団法人大阪産業局が大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(ATC)」と大阪舞洲のスポーツ施設を実証フィールドとして実施する、開発・改良に必要な実証実験の支援プログラムです。一般的に、IoT・ロボットテクノロジーを活用して事業展開するにあたっては、ユーザー検証が必要となりますが、多くの企業にとって、実証実験場所の確保が課題となっています。本プログラムでは、各施設と連携して場所の調整を行うほか、マッチングなど、事業化に必要な支援も提供しています。
 詳しくは、AIDORエクスペリメンテーションのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 複合商業施設ATCで社会課題の解決に向けて挑戦 リアルなサービス環境で2件のIoT関連サービスの実証実験を実施します