ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 5Gをテーマに大手企業とスタートアップが共創 5Gオープンイノベーションプログラムを実施します

報道発表資料 5Gをテーマに大手企業とスタートアップが共創 5Gオープンイノベーションプログラムを実施します

2022年9月14日

ページ番号:578662

問合せ先:経済戦略局産業振興部イノベーション課(06‐6615‐3723)

令和4年9月14日 14時発表

同時資料提供:大阪経済記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブ

 大阪市は、2025年大阪・関西万博を見据え、新たなビジネスに取り組む中小企業等を支援し、地域経済の活性化を図るため、市場の拡大が見込まれる第5世代移動通信システム(以下、「5G」という。)の関連分野におけるビジネス創出の推進に取り組んでいます。
 この度、5Gをテーマに大手企業等と中小企業やスタートアップ等をマッチングする「5Gオープンイノベーションプログラム -xDrive(クロスドライブ)-」を実施します。
 なお、本件は、本市の中小企業支援施策の執行機関である公益財団法人大阪産業局が本市交付金による事業「5Gビジネス創出プロジェクト」として実施するものです。

1 「5Gオープンイノベーションプログラム -xDrive-」

概要

 本プログラムは、大手企業等が発表した5Gを活用して実現したいサービステーマについて、中小企業やスタートアップ等から新たな製品・サービス・技術や共同開発の提案を募集し、応募があった中から大手企業等と協業するパートナーを選定、マッチングするものです。
 また、マッチング後は、コーディネーターを配置し、ビジネスモデルの構築へ向けてアイデア整理、課題抽出、事業計画作成などのハンズオン支援を行います。
 中小企業やスタートアップ等からの提案を大手企業等の施設や人材等のリソースと掛け合わせながら、新たな製品・サービス開発の取組を促進します。

参加大手企業等及びサービステーマ
  • ミズノ株式会社:「DX×メタバース×スポーツ」新たなスポーツのカタチ
  • 西尾レントオール株式会社:最新技術と独自開発ノウハウの組合せで業務効率・働き方向上に貢献したい
  • 株式会社椿本チエイン:新しいエネルギー社会へ V2Xで未来の電力ソリューションに挑む
  • グローバルITベンダー(社名非公開):音声AIを使って人手不足を解消
募集対象

募集内容に関する技術・サービス等を持っている中小企業やスタートアップ等

スケジュール
(1)募集期間

令和4年9月14日(水曜日)から令和4年11月15日(火曜日)まで

    (2)説明会

    令和4年10月3日(月曜日)17時から
     提案を求める大手企業等から募集内容等の詳細を説明します。なお、説明会についてはオンラインで実施予定です。

    (3)協業パートナーの決定

     令和4年11月下旬に大手企業等が協業するパートナーを決定し、以降、令和5年3月までハンズオン支援を実施します。

    2 その他

     応募方法、説明会その他募集の詳細については、ソフト産業プラザTEQSのホームページ「5Gオープンイノベーションプログラム -xDrive-別ウィンドウで開く」をご確認ください。

    3 問合せ先

    ソフト産業プラザTEQS(公益財団法人大阪産業局)

    担当 西、森田 電話 06-6615-1000

    (参考)5Gビジネス創出プロジェクト

     5Gは、コロナ禍における社会課題の解決や新たなビジネスの創出につながることから、様々な産業においてイノベーションを生み出すことが期待されています。
     官民連携により設置した「5G X LAB OSAKA別ウィンドウで開く」を拠点に、令和3年度より公益財団法人大阪産業局において、5G関連ビジネスの創出を推進しています。セミナー、大企業等のマッチング、新製品・サービスの開発・導入費の補助など事業フェーズに応じた支援を実施しています。

    探している情報が見つからない

    • トップページ
    • 報道発表資料
    • 報道発表資料 5Gをテーマに大手企業とスタートアップが共創 5Gオープンイノベーションプログラムを実施します