ページの先頭です

報道発表資料 大阪城天守閣ライトアップLED照明化工事完了に伴うリニューアル記念特別点灯プログラムを実施します

2023年3月28日

ページ番号:591586

経済戦略局観光部観光課(06‐6469‐5154)

令和5年3月28日 14時発表

 大阪城天守閣では、令和5年2月からのLED照明化工事(令和5年1月6日報道発表済み)の完了を記念して、令和5年3月31日(金曜日)に、リニューアル記念特別点灯プログラムを実施します。

 大阪城天守閣のライトアップは、平成9年に、「大阪城天守閣の歴史と特徴の強調」や「時間とともに変化する演出性のある光」をテーマとして、世界的照明デザイナーの石井幹子氏によりデザインされました。日没からの段階的な点灯や、鯱(しゃち)や破風を効果的に照らすためのライトの使い分けなど、高度な技法や演出を用いた画期的なデザインは、城郭本来の美しさを表現するライトアップとして国内外から高い評価を受けてきました。

 今回のLED照明化工事にあたっては、石井幹子氏監修のもとで、オリジナルデザインを引き継ぎながら、フルカラーLED照明導入によりカラー対応及び環境負荷低減を図りました。

リニューアル記念特別点灯プログラム実施について

日時
令和5年3月31日(金曜日) 19時から3分間
場所

大阪城天守閣(大阪市中央区大阪城1-1

プログラム内容

通常の点灯・消灯パターンにカラーを加えた短縮版

(注)通常点灯は、白を基調とする基本照明により、照明を部位(石垣、窓枠、鯱等)ごとに順番に点灯しています(約50分)。通常消灯は、同様の順番で約30分かけて消灯させています。

(参考)照明デザイナー石井幹子氏について

プロフィール

 紫綬褒章受賞、文化功労者顕彰。都市照明からライトオブジェや光のパフォーマンスまで幅広い光の領域を開拓する照明デザイナー。日本のみならず世界各国で活躍し、東京タワー、明石海峡大橋、倉敷景観照明をはじめブランデンブルク門、コロッセオ、エッフェル塔の特別ライトアップまで手掛ける。国内外の光文化の継承発展にも注力している。

石井幹子氏からのコメント

 平成9年、大阪城天守閣の新たなライトアップが完成しました。

 大阪城天守閣の歴史や特徴を美しく強調し、時とともに変化するというデザインコンセプトの光の演出は、以来、多くの人々に親しまれています。

 今回の工事では、オリジナルデザインを変えることなく、次世代に継承できる照明設備にリニューアルされました。

 最新の光によって、更にきめ細かく照らし出された大阪城天守閣の姿が、未来に向けて末永く愛されることを祈っています。

石井 幹子氏
別ウィンドウで開く

石井幹子氏

(参考)LED照明化による環境負荷低減について

年間消費電力量を約85.1パーセント削減、二酸化炭素排出量を約41.5トン削減

大阪城天守閣ライトアップイメージ
別ウィンドウで開く

大阪城天守閣ライトアップ

取材について

 リニューアル記念特別点灯プログラムの取材・撮影をご希望の際は、下記の問合せ先にご連絡ください。

問合せ先

大阪城パークセンター

住所:大阪市中央区大阪城3番11号

電話:06-6755-4146  

ファックス:06-6755-4149

ホームページ:大阪城公園別ウィンドウで開く

営業時間:9時から17時30分まで

探している情報が見つからない