ページの先頭です

報道発表資料 経済戦略局「スポーツイベント魅力発信業務」におけるメール誤送信による個人情報の漏えいについて

2023年3月2日

ページ番号:594129

問合せ先:経済戦略局スポーツ部スポーツ課(06-6469-3880)

令和5年3月2日 14時発表

 大阪市経済戦略局スポーツ課において、令和5年3月1日(水曜日)に、「スポーツイベント魅力発信業務」の再委託事業者がメール内容を誤って送信したことから、個人情報が漏えいしたことが判明しました。
 このような事態を発生させ、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、市民の皆さまの信頼を損なうことになりましたことを深く反省し、再発防止に取り組んでまいります。

1 概要と経過

 令和5年3月1日(水曜日)18時30分頃に、「スポーツイベント魅力発信業務」の受託事業者あてに「OSAKAシティウオーク」のある参加者から、別の参加者氏名が記載された内容のメールを受信した旨の連絡がありました。
 すぐに当該事業者において確認したところ「OSAKAシティウオーク」の参加申込者あてに再委託事業者がイベント参加案内のメールを送信する際に使用したイベント申込情報の一覧表の参加申込者氏名とメールアドレスが一部ずれていました。確認後、「スポーツイベント魅力発信業務」の受託事業者を通じて経済戦略局スポーツ課の担当者あて連絡があり、個人情報の漏えいが判明しました。

2 漏えいした個人情報

OSAKAシティウオーク参加申込者27名の氏名

3 判明後の対応

 令和5年3月1日(水曜日)20時15分頃に、受託事業者が漏えいした参加申込者27名の方に対し、メールにてお詫びと当該メールの削除依頼を送信し、令和5年3月2日(木曜日)より、順次電話でもお詫びと当該メールの削除依頼の連絡を行っております。

4 原因

 受託事業者が、参加申込者の情報を一括で集約した基本データから、再委託事業者へ渡すデータを作成した際、データ内容の確認を行わず、再委託事業者に渡したことが原因です。

5 再発防止策について

 今回の事態を厳粛に受け止め、受託事業者に対し、個人情報を含む資料を作成する際の作業マニュアルの見直しを指示するとともに、それを使用する際の基本データと加工データの確認を実施するよう指導し、再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない