ページの先頭です

報道発表資料 食中毒の発生について(都島区)

2019年8月31日

ページ番号:479675

問合せ先:健康局 健康推進部 生活衛生課(06-6208-9991)

令和元年8月31日 19時15分発表

 令和元年8月28日(水曜日)10時頃、大阪市内にある医療機関の職員から食中毒疑いに関する届出が大阪市保健所にありました。

 その届け出内容は「8月27日(火曜日)に行った医療機関内のセミナーにおいて、職員が弁当を喫食したところ、嘔吐、下痢の症状を呈した。」とのことでした。

 調査したところ、8月27日(火曜日)のセミナーの際、「有限会社 マイドーイかどや(大阪市都島区大東町1丁目14番9号)」が調製した弁当が提供され、19時30分頃から14名が弁当を喫食し、うち13名が8月27日(火曜日)20時頃から22時頃にかけて、嘔吐や下痢等の食中毒症状を呈していることが確認されました。

 発症者13名の共通食は当該施設で調製された弁当以外になく、その発症状況が類似していること、発症者の検便及び当該施設でのふきとり検査により黄色ブドウ球菌が検出されたことから、当該施設を原因とする食中毒と断定し、営業者に対し、本日から3日間、当該施設の営業停止を命じました。

調査概要

発症者の状況

発症者 13名(男:10名(25歳から58歳)、女:3名(27歳から32歳))

受診者 10名(うち入院者0名)

(注) 発症者は全員快復しています。

年齢別発症状況

年 齢

20~29歳

30~39歳

40~49歳

50~59歳

60歳

以上

合 計

発症者数

4

3

1

2

0

10

2

1

0

0

0

3

在住府県別発症状況
在住府県

大阪府

奈良県

兵庫県

合計

発症者数

9

2

2

13
主症状

嘔吐、下痢等

原因施設

名称:有限会社 マイドーイかどや

所在地:大阪市都島区大東町1丁目14番9号

事業者:有限会社 マイドーイかどや 取締役 角屋 欣信(かどや よしのぶ)

病因物質

黄色ブドウ球菌

原因食品

令和元年8月27日(火曜日)に調製された弁当

(詳細については現在調査中)

発症者の喫食内容

和牛カルビ飯、鶏ごぼう飯、パスタ、手ごねハンバーグ、海老フライ、

若鶏の唐揚げ、もやしナムル、ほうれん草ナムル、大根ナムル、

パンプキンサラダ、プチトマト

検査状況

 検体名

検査結果(黄色ブドウ球菌)

発症者糞便

(12検体)

 1検体から検出

(4検体は検査中)

施設でのふきとり検査

(23検体)

5検体から検出

(注) 本報道資料に関連して、検査の技術的な事柄については、地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所までお問合せください。

担当 地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所公衆衛生部健康危機管理課

電話 06-6972-1327

参考

令和元年8月30日(金曜日)現在の食中毒 21件 274名(本件を含まず)

平成30年8月30日(木曜日)時点の食中毒  19件  139名

(食中毒発生状況の年次集計は、毎年1月1日からの統計です)

探している情報が見つからない