ページの先頭です

報道発表資料 大阪市民病院機構職員における新型コロナウイルス感染症患者の発生について

2020年3月16日

ページ番号:498018

問合せ先:地方独立行政法人大阪市民病院機構 大阪市立十三市民病院 管理課(06-6150-8021)

令和2年3月16日 16時15分発表

  地方独立行政法人大阪市民病院機構大阪市立十三市民病院の職員(以下「当該職員」という。)が、令和2年3月15日(日曜日)に新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しましたので、お知らせします。(大阪府において3月15日(日曜日)に報道発表されている「新型コロナウイルス感染症患者(103例目から106例目)の発生について」の104例目が当該職員です。)

 なお、十三市民病院では、新たに新型コロナウイルスに感染する可能性がなく安全であることを所轄保健所に確認しており、引き続き、通常通りの診療を行います。

当該職員に関する情報について

年代    40歳代

性別    女性

勤務地   大阪市立十三市民病院(大阪市淀川区野中北2-12-27)

職務概要  医師の外来診療を補助する医療アシスタント

経過、症状 3月12日(木曜日) 発症

        3月14日(土曜日) 帰国者・接触者外来を受診

        3月15日(日曜日) PCR検査の結果、陽性と判明

行動歴   3月6日(金曜日)まで週5日間出勤(8時30分~17時)

        3月7日(土曜日)以降は休み

職場での濃厚接触者 なし(当該職員は発症に先立って、病院には勤務していないため)

探している情報が見つからない