ページの先頭です

報道発表資料 アムールトラの虎二郎(コジロウ)が死亡しました

2019年9月16日

ページ番号:480957

問合せ先:建設局 天王寺動物公園事務所 管理課(06-6771-2174)

令和元年9月16日 13時35分発表

同時資料提供:南大阪記者クラブ

 天王寺動物園で飼育していましたアムールトラの虎二郎(コジロウ、オス・7歳)が令和元年9月16日(月曜日)に死亡しました。

 開園前に放飼場に出すため飼育員がアムールトラの様子を確認した際に、寝室の中で虎二郎が亡くなっているところを発見したものです。

 昨日まで、体調不良の兆候は見られず元気にしていましたが急逝しました。死亡原因については、現在調査中です。

 虎二郎の死亡により、当園で飼育しているアムールトラはオスのセンイチ1頭となりました。

 なお、新世界ゲートに献花台を設置します。

死亡した虎二郎のプロフィール

愛称:虎二郎(コジロウ、オス・7歳)

生年月日:平成24年6月5日 上海野生動物園生まれ

平成26年3月28日に上海動物園との動物交流で当園に来園

死亡した虎二郎の写真

平成30年2月撮影

参考

アムールトラについて

ネコ目 ネコ科 学名:Panthera tigris altaica 英名:Amur tiger

シベリアや中国東部などアムール川流域といった森林地帯に生息しているトラ。世界最大のネコ科であるトラの中でも、最も体が大きい。

ワシントン条約附属書Ⅰに該当。

国内では23園館で飼育している。(平成30年12月31日現在)

体重:オス180から350kg、メス100から170㎏。飼育下寿命:約20から25年

探している情報が見つからない