ページの先頭です

報道発表資料 歩行者空間化(公園化)整備のため中之島通の一部を通行止めします

2020年1月22日

ページ番号:490143

問合せ先:建設局 企画部 道路空間再編担当(06-6615-6536)

令和2年1月22日 14時発表

 大阪市では、市内の中心部を通る道路の一つである中之島通において、交通安全対策及び中之島エリア全体の回遊性向上を目的とし、歩行者空間化(公園化)整備を行うため、令和2年2月15日(土曜日)より堺筋(難波橋)から中央公会堂前の間を車両通行止します。

 今後、車両(車・バイク)は通行できません。ご通行の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、迂回いただくなど、ご理解とご協力をお願いします。

1.車両通行止め日

 令和2年2月15日(土曜日)より

 (注)詳細な時間は決定次第、建設局ホームページにてお知らせします。

2.通行止め区間

 中之島通(堺筋(難波橋)から中央公会堂前)大阪市北区中之島1丁目1番

中之島通の歩行者空間化(公園化)のお知らせ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

3.歩行者空間化(公園化)イメージ

中之島通現況

別ウィンドウで開く
中之島通完成イメージ

別ウィンドウで開く

4.実施概要

 中之島通は、中之島東部エリアに位置し、中之島公園の中心部を通る道路です。中之島通周辺には鉄道駅が複数存在し、また、市役所、大阪府立図書館、中央公会堂、東洋陶磁美術館などの公共施設が立地する文化集客エリアであり、多数の方々に利用されている道路です。

 一方、歩行者・自転車の利用者が車道を乱横断する状況が見受けられます。さらに、車両交通を調査した結果、中之島通を通行する車両の大半が新御堂筋方面へ通過する交通であり、交通安全面(特に歩行者通行)のリスクを抱えている状況です。

 そのような中、中之島通沿いには、「こども本の森 中之島」が整備されることから、歩行者の増加が予測されるため、さらなる安全対策が求められています。

 中之島通の歩行者空間化(公園化)整備を行い、中之島エリア全体の回遊性向上とともに、中之島公園の一体的な空間の創出を図っていきます。

5.大型車等規制

 中之島通の歩行者空間化(公園化)整備に伴い、令和2年2月15日(土曜日)より田蓑橋南詰交差点から大江橋南詰交差点が9時から19時の間、大型貨物車等通行禁止になります。

 また、大江橋南詰交差点から天満警察署前交差点、栴檀木橋についても大型車等通行禁止(積3トン規制)となります。

大型車等通行禁止規制

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない