ページの先頭です

報道発表資料 下水道維持管理包括受託者における車検切れの車両の使用について

2021年1月5日

ページ番号:523843

問合せ先:建設局下水道部施設管理課(06-6615-7171)

令和3年1月5日 14時発表

 大阪市が下水道施設の維持管理を包括委託しているクリアウォーターOSAKA株式会社において、道路運送車両法第58条に定める自動車検査証の有効期間が満了した車両を使用していた事実が判明しました。

 このような事態を発生させたことにより、市民の皆さまの信頼を著しく損なうことになりましたことを深くお詫び申し上げるとともに、今後このようなことが起こらないよう再発防止に努めてまいります。

1.経過・概要

 令和2年12月28日(月曜日)、クリアウォーターOSAKA株式会社(以下、「当該包括受託者」という。)の社員が、大阪市より貸与されている車両に乗車した際、フロントガラス上部の有効期間シールの記載日を過ぎていることに気づき、自動車検査証(以下、「車検証」という。)を確認した結果、有効期間を超過していることが判明しました。

 当該車両については、当該包括受託者が直ちに使用禁止措置を行うよう指示しており、所轄警察署に報告を行いました。今後、速やかに車検を実施します。

 なお、判明後の調査の結果、大阪市から貸与している222台の車両のうち、今回判明したもの以外の車両について有効期間が満了しているものはありませんでした。

(注)大阪市からの貸与車両については、当該包括受託者が車検の更新を含む車両管理を行っています。

2.当該車両の車検証有効期間の満了日

令和2年11月15日

3.有効期間満了後の車両の使用

  1. 使用期間
    令和2年11月16日(月曜日)から12月24日(木曜日) まで
  2. 運転日数・距離
    のべ14日間 計318キロメートル
  3. 使用人員
    運転者3名

4.原因

 当該車両の配置替えのため、 別車両の運行管理簿データをもとに当該車両の運行管理簿を作成した際、当該車両の車検証有効期間満了日に修正できておらず、また複数人による確認ができていなかったことが原因です。

5.再発防止策

 今後このような事態が発生しないよう、当該包括受託者に対して、車両の配置替えなど運行管理簿を新規に作成する場合は、複数人で入力内容を確認するとともに、乗車前に車検証有効期間満了日を確認することを徹底するよう指導し、再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない