ページの先頭です

報道発表資料 西淀公園内で樹木に切り込みを入れられている被害がありました

2021年5月14日

ページ番号:535773

問合せ先:建設局北部方面管理事務所十三公園事務所(06-6309-0008)

令和3年5月14日 17時25分発表

 令和3年5月14日(金曜日)に市民の方からの通報により、西淀公園内に植えている樹木(アラカシ)1本が切り込みを入れられている被害を確認しました。

 引き続き、樹木の状態に注意して巡回してまいりますが、公園をご利用になられる際は、ご注意くださいますようお願いいたします。

1 経過

 令和3年5月14日(金曜日)午前10時頃、市民の方からの通報により、西淀公園の樹木が倒れかかっているので確認して欲しいと建設局十三公園事務所へ連絡がありました。そのため、午前10時30分頃、建設局十三公園事務所職員が現地で確認したところ、樹木(アラカシ)が故意に切り込みを入れられて倒れかかっていることが判明しました。

 また、令和3年4月26日(月曜日)にも、隣接している大野川緑陰道路で切り込みを入れられた街路樹10本を確認しており、西淀川警察署に相談していました。

2 発生場所

3 判明後の対応

 令和3年4月26日(月曜日)、倒木する恐れがあることから安全確保のため、切り込み被害にあった樹木については切除・伐採し、被害届について西淀川警察署に相談しました。

 令和3年5月14日(金曜日)、倒木する恐れがあることから安全確保のため、切り込み被害にあった樹木については切除し、腐食防止のため切除部に防腐剤の塗布を実施しました。今後、速やかに西淀川警察署に被害届を提出します。

4 被害等の状況

西淀公園

被害 アラカシの幹1本の切り込み(幹直径20センチメートル程度)

被害金額 約40,000円(幹の切除及び防腐剤塗布作業の費用)

大野川緑陰道路

被害 街路樹10本

被害金額 約6,270,000円(倒木の危険性のない樹木5本の幹の切除及び防腐剤塗布作業の費用、倒木の危険性のある樹木5本の伐採及び植替えの費用)

5 被害にあった樹木(アラカシ)

被害にあった樹木(アラカシ)の写真
別ウィンドウで開く
被害の詳細な写真
別ウィンドウで開く

探している情報が見つからない