ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「海老江下水処理場沈砂池・ポンプ設備改築事業(仮称)」及び「今後の本市下水道処理場・抽水所施設(設備)改築」に関するヒアリングに協力いただける民間事業者を募集します

報道発表資料 「海老江下水処理場沈砂池・ポンプ設備改築事業(仮称)」及び「今後の本市下水道処理場・抽水所施設(設備)改築」に関するヒアリングに協力いただける民間事業者を募集します

2022年7月27日

ページ番号:572800

問合せ先:建設局下水道部設備課(06-6615-7895)

令和4年7月27日 14時発表

 大阪市は、海老江下水処理場ポンプ施設の改築事業に官民連携手法の導入を検討しており、「海老江下水処理場沈砂池・ポンプ設備改築事業(仮称)」について事業範囲、工事種別及び修繕範囲など事業検討に必要なヒアリングを実施します。

 併せて、安定した改築をめざした事業推進のために、今後、改築需要の増加が見込まれる「今後の本市下水処理場・抽水所施設(設備)改築」について、発注規模や事業範囲など事業検討に必要なヒアリングも実施しますので、ご協力いただける民間事業者を募集します。

対象事業者

ヒアリングの趣旨を踏まえ、事業参画に興味がある法人

ヒアリング項目の概要

(1)海老江下水処理場沈砂池・ポンプ設備改築事業(仮称)
事業範囲

 市の考える事業範囲(沈砂池設備、ポンプ設備、付随する受変電・制御設備等)及び工事種別(機械、電気、土木、建築)において参画するための条件及び意見等

事業対象
保守点検や修繕範囲において参画するための条件及び意見等
(2)今後の本市下水処理場・抽水所施設(設備)改築
事業規模・範囲
  • 参画意欲が向上する対象規模(市内一円、東西南北の各方面毎、処理区毎)
  • 参画意欲が向上する対象範囲(ポンプ設備、水処理設備、汚泥設備、電気設備、ゲート設備等)

 (注)ヒアリングで頂いた事業規模・範囲の意見を参考とし、今後の事業化に向けた検討を行いたいと考えております。

募集要項等資料

応募用紙の提出

  ヒアリングに参加する事業者は、「応募用紙」に必要事項記入の上、次の期間内に応募用紙に記載のメールアドレスあてに提出をお願いします。

 なお、メールの件名には、「応募」と記載していただきますようお願いします。

募集期間
令和4年7月27日(水曜日)午後2時から令和4年8月12日(金曜日)午後5時30分まで
問合せ先

大阪市建設局下水道部設備課

電話番号:06-6615-7895 

(注)土曜日、日曜日、祝日を除く9時から17時30分まで

ヒアリング用紙の提出

 応募用紙受付後に「ヒアリング用紙」及び「ヒアリング条件書」を送付させていただきます。「ヒアリング用紙」に必要事項記入の上、次の提出期間内にヒアリング用紙記載のメールアドレスあてに提出をお願いします。

 なお、メールの件名には、「ヒアリング提出」と記載していただきますようお願いします。

 その他詳細については、本市からの連絡により調整します。

提出期間

令和4年8月19日(金曜日)午前9時から令和4年9月2日(金曜日)午後5時30分まで

ヒアリングの実施

実施期間

令和4年9月5日(月曜日)から令和4年9月16日(金曜日)まで

場所

大阪市建設局下水道部設備課(大阪市住之江区南港北2丁目10号 ATCビル ITM棟6階)

留意事項
  1. 協力者多数の場合、業種、PPP / PFI実績などにより、対象を絞らせていただく場合があります。
  2. ヒアリングの際に、「海老江下水処理場ポンプ施設官民連携事業導入可能性調査委託」の受注者が同席する場合があります。
  3. ヒアリングの意見を踏まえ、2次ヒアリングを行う場合があります。

その他

  1. ヒアリングにご協力いただいた事業者の名称は非公表とします。
  2. ヒアリングに要する報酬、費用等の提供はありません。
  3. ヒアリングに意見、提案された内容は、今後の事業を検討する際の参考とさせていただきますが、必ず反映されるものではありません。
  4. ヒアリングへの参加実績が、今後、何らかの優位性を持つものではありません。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「海老江下水処理場沈砂池・ポンプ設備改築事業(仮称)」及び「今後の本市下水道処理場・抽水所施設(設備)改築」に関するヒアリングに協力いただける民間事業者を募集します