ページの先頭です

報道発表資料 不発弾の処理について

2022年10月3日

ページ番号:580967

問合せ先:大阪市城東区役所市民協働課(防災・防犯担当)(06-6930-9774)、危機管理室危機管理課(06-6208-9802)

 本件については、令和4年10月17日14時に一部変更しております。別途変更発表をご参照ください。

令和4年10月3日 17時発表

同時資料提供:大阪府政記者会、大阪府警察記者クラブ

 大阪市城東区森之宮2丁目の大阪公立大学森之宮学舎建設予定地において発見された不発弾について(令和4年9月26日17時報道発表済み)、処理・撤去作業を、令和4年11月6日(日曜日)10時から行うことになりましたのでお知らせします。

 なお、不発弾から概ね半径300メートル以内の範囲は立入禁止になるとともに、その周辺部を含め通行止め等の交通規制がありますので、ご注意願います。

不発弾の概況

発見日時

令和4年9月26日(月曜日)13時35分頃

発見場所
大阪公立大学森之宮学舎建設予定地(大阪市城東区森之宮2丁目1番133号
発見時の状況

 学舎建設のための工事中に不発弾と思われる金属塊が発見され、陸上自衛隊不発弾処理隊により米国製2,000ポンド普通爆弾(1トン爆弾)であることを確認し、防護措置を行っています。

不発弾の状況
  • 米国製2,000ポンド普通爆弾(1トン爆弾)1発(長さ1.8メートル、直径0.6メートル)
  • 弾頭部分に信管が残っています。

信管に保護キャップを装着した状態


防爆マットによる防護措置の状況

不発弾処理現地対策本部の設置

令和4年11月6日(日曜日)8時に不発弾処理現地対策本部を設置します。

  • 本部長 大東 辰起(城東区長)
  • 副本部長 羽田 英規(城東警察署長)
  • 副本部長 岡林 恒久(城東消防署長)

不発弾の処理

実施日時
令和4年11月6日(日曜日)10時から安全化措置完了まで
実施機関
陸上自衛隊 中部方面後方支援隊 第103不発弾処理隊(桂駐屯地)
処理方法
信管除去の安全化措置を行い、その後現場から搬出します。

警戒区域及び一時避難場所

警戒区域
不発弾から概ね半径300メートル
一時避難場所
避難時間

令和4年11月6日(日曜日)8時から避難解除までの間

(注)安全化措置が完了した後に本部長が安全化宣言を行い避難解除します。

避難対象世帯・人口等(城東区)

世帯数:約2,200世帯

住民:約3,750人

事業所:約60箇所


別ウィンドウで開く

警戒区域図及び一時避難場所

避難についての周知方法

  • 周知チラシの各戸配布(区役所)
  • 広報車による広報(危機管理室、区役所、警察署、消防署)
  • その他大阪市危機管理室Twitter等

交通規制

交通規制時間
令和4年11月6日(日曜日)9時ごろの不発弾処理開始前から、本部長が安全化宣言を行い避難解除するまで
交通規制範囲
  • 交通規制区域
    不発弾から概ね半径300メートル以内(避難区域)及びその周辺道路。
  • 交通規制路線及び区間
    決定次第、大阪市ホームページ等でお知らせします。
  • 迂回路線
    決定次第、大阪市ホームページ等でお知らせします。
交通機関の規制
 決定次第、大阪市ホームページ等でお知らせします。

令和4年11月6日(日曜日)の流れ

  • 8時 現地対策本部設置、住民避難開始
  • 9時 道路交通規制開始
  • 9時30分 避難完了
  • 10時 陸上自衛隊による信管除去作業開始
  • 信管除去後 不発弾処理対策本部長(城東区長)現地確認、本部長による安全化宣言、避難解除、交通規制解除

取材に関するお願い

  • 不発弾処理作業中は、警戒区域には立ち入りできません。
  • 警戒区域が上空約2,000メートルにまで及ぶため、不発弾処理作業中はヘリコプター等による上空からの取材は禁止します。

問合せ

 問合せの窓口は、土曜日・日曜日・祝日を除く9時から17時まで開設しています。

 なお、令和4年11月6日(日曜日)の不発弾処理当日は8時から避難解除するまで問合せの窓口を開設します。

不発弾処理対策本部及び避難に関する窓口

大阪市城東区役所市民協働課(大阪市城東区中央3丁目5番45号)

電話 06-6930-9039

不発弾の処理及び交通規制に関する窓口

大阪市危機管理室(大阪市北区中之島1丁目3番20号 大阪市役所5階)

電話 06-6208-9802

探している情報が見つからない