ページの先頭です

報道発表資料 北区役所健康課における精神障がい者保健福祉手帳交付にかかる事務の遅延について

2019年3月8日

ページ番号:464140

問合せ先:北区役所健康課(06-6313-9863)

平成31年3月8日 14時発表

 大阪市北区役所健康課におきまして、精神障がい者保健福祉手帳交付にかかる事務に遅延があったことが判明しました。

 このような事案を生じさせたことにつきまして、深くお詫び申しあげますとともに、市民の皆様の信頼を損ねたことに対しまして深く反省し再発防止に努めてまいります。

1 概要と事実経過

 平成31年3月5日(火曜日)午前、精神障がい者保健福祉手帳(以下、「手帳」という。)更新の手続きをされた方(以下、「A氏」という。)が、「平成30年12月に更新手続きをしたにも関わらず、今日まで何の連絡もなく、手帳の期限が切れたまま1か月が過ぎているが進捗状況はどうなっているか」と当区健康課の窓口に問合せに来庁されました。

 担当者が確認したところ、A氏は平成30年12月7日(金曜日)に当区健康課に手帳の更新申請書類を提出されており、更新申請はすみやかに「大阪市自立支援医療費(精神通院)支給認定・手帳交付審査委員会」へ進達し、審査結果は平成30年12月26日(水曜日)にこころの健康センターから当区あてに発送されていました。しかし、A氏に対し「精神障がい者保健福祉手帳交付のお知らせ(以下、「お知らせ」という。)」を送付していなかったことが明らかになりました。

2 原因

 A氏は、審査の結果、等級変更があったため、旧手帳との交換交付が可能となる日(平成31年2月1日(金曜日))をもってA氏に「お知らせ」を送付する必要がありましたが、審査結果を受け取ってからA氏への送付期日まで約1か月の期間があったため、送付を失念したことが原因です。

3 判明後の対応について

 平成31年3月7日(木曜日)夜にA氏にお詫びの上、今回の経緯を説明し、手帳の交付手続きに来ていただくようお伝えし、了承をいただきました。

4 再発防止策

 今後は、対象者リストと審査結果が記された申請書の写しを照合し、処理漏れの無いよう複数名でチェックを行うとともに、送付漏れが無いよう毎月末にも次月1日が送付期日である対象者への送付事務の進捗状況確認を行うこととします。

探している情報が見つからない