ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」の実施及びLINE相談「子どもと親の相談らいん@おおさか」の拡充について

報道発表資料 「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」の実施及びLINE相談「子どもと親の相談らいん@おおさか」の拡充について

2022年10月31日

ページ番号:582834

問合せ先:こども青少年局 こども家庭課(06-6208-8170)

令和4年10月31日 14時発表

 大阪市は、11月の「児童虐待防止推進月間」に、様々な機会をとらえた広報啓発活動など、児童虐待防止の取組を行います。

 オレンジリボンには、「子ども虐待防止」というメッセージが込められており、すべての子どもが健やかに育つように、11月には行政機関、企業、地域が一体となって、啓発活動「オレンジリボンキャンペーン」を実施しています。子育てをしている親や子どもたちを始め、多くの人たちに、まわりの子どもに関心をもっていただき、子どもへの虐待をなくしていく輪を広げるための啓発活動を重点的に行います。

 また、大阪府、堺市と共同で実施しているLINE相談「子どもと親の相談らいん@おおさか」について、これまでは、相談日を週2日実施(夏休み等の長期休暇等は毎日実施)していましたが、令和4年11月1日(火曜日)から、相談日を「毎日」に拡充します。

1 「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」の実施

(1)市役所における主な啓発活動
  • 市役所正面玄関のオレンジライトアップ(令和4年11月1日(火曜日)~10日(木曜日))
    (点灯時間)
    令和4年11月1日(火曜日)~2日(水曜日) 17時10分~24時
    令和4年11月3日(木曜日)~10日(木曜日) 17時~23時
  • 市役所正面玄関前に啓発オブジェ設置(令和4年11月1日(火曜日)~30日(水曜日))
  • 市役所庁内放送による通告・相談先の電話番号の周知など
(2)各区役所における主な啓発活動
  • 区役所庁舎に啓発ポスターの掲出やのぼり等の設置
  • 区主催のイベント等での啓発チラシ、啓発グッズ(エコバック)の配布等

啓発オブジェ


啓発グッズ(エコバック)

(3)プロスポーツチームと連携した啓発活動
プロスポーツチーム名(50音順)

大阪エヴェッサ

オリックス・バファローズ

サントリーサンバーズ

JTマーヴェラス

セレッソ大阪

内容

 プロスポーツチームの協力のもと、啓発のためのポスター・チラシ・栞(しおり)の作成や、ホームゲーム会場での児童虐待防止と通告・相談先の電話番号についての啓発動画の放映、場内アナウンス等による啓発を行います。

(注)スポーツチームによって、取組の内容は異なります。


啓発ポスター(B2、A3)、チラシ(A4)


啓発チラシ(A4)


啓発ポスター(B3)


栞(しおり)

(4)大阪府書店商業組合の協力による書店における啓発
書店名(50音順)
内容

 セレッソ大阪の選手の写真が入った栞(しおり)の配布等の啓発を行います。

(注)期間については、各書店によって異なります。

(5)企業・大学との連携による啓発
企業・大学名(50音順)

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

イオン株式会社

大阪シティ信用金庫

株式会社関西ぱど

KDDI株式会社

日本郵便株式会社

大阪公立大学

内容

 連携企業の店舗等でポスターの掲示やチラシの配架による啓発を行います。

(注)期間及び取組の内容については店舗等によって異なります。

(6)関係機関や公共機関等による啓発
関係機関等

保育所(公立・民間)、幼稚園(市立・私立)、認可外保育施設、市立小学校・中学校、市立図書館、大阪市が所管する児童養護施設等、子ども・子育てプラザなど子育て支援施設、Osaka Metro、市営住宅、マンション(管理支援機構登録)、市立スポーツセンター

内容

 関係機関でポスターの掲示やチラシの配架による啓発を行います。

(注)期間及び取組の内容については各機関によって異なります。

(7)「大阪児童虐待防止推進会議」における取組

 児童虐待の未然防止・早期発見・早期対応にオール大阪で取組むことにより、重大な児童虐待「ゼロ」の実現をめざすため、令和元年8月に「大阪児童虐待防止推進会議」を設置し、会議において重大な児童虐待「ゼロ」宣言が採択されました。

 11月の「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」では、重大な児童虐待「ゼロ」に向けて、大阪府知事及び府内の各市町村長が、児童虐待防止・オレンジリボン啓発ジャンパーを着用し、オール大阪で児童虐待防止を訴えます。

2 LINE相談「子どもと親の相談らいん@おおさか」の毎日実施について

 大阪市では大阪府、堺市と共同し、児童虐待の未然防止・早期発見・早期対応のため、若年層が相談しやすいSNSを使い、相談に対するハードルを下げることで、子どもや保護者等が、家庭での不安や子育ての悩みなどを気軽に相談できるLINE相談(LINEアカウント名「子どもと親の相談らいん@おおさか」)を開設しています。

 社会福祉士や公認心理師等の資格を持つ相談員が助言を行い、不安や悩みの解消を図るとともに、市町村などの関係機関へつなぐための案内等を行っています。

 また、虐待が疑われる場合や、緊急対応を要する場合は、相談者の了承を得て、管轄する児童相談所等に情報提供を行い、解決に向けて連携して対応することにより、虐待の芽を見逃さず、児童虐待の未然防止、早期発見・早期対応につなげています。

 これまでは、相談日を週2日実施(夏休み等の長期休暇等は毎日実施)してきたところですが、令和4年11月1日(火曜日)から、より多くの相談に対応できるよう、相談日を「毎日」に拡充します。

 「子育ての悩みを相談したい」「親やきょうだいとの関係がうまくいかない」など、困ったこと、不安なことがあれば、ひとりで悩まず、ぜひ相談をしてください。

(1)LINE公式アカウント名
ロゴマーク

二次元コード

(2)相談時間

月曜日~金曜日(祝日除く):14時~22時 相談受付は21時30分まで

土曜日、日曜日、祝日:10時~18時 相談受付は17時30分まで

(注)年末年始も実施します。

(3)対象者
大阪府在住の子どもと保護者

3 その他

 上記以外にも様々な取組を行います。詳細は本市ホームページ「「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」を実施します」でお知らせします。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」の実施及びLINE相談「子どもと親の相談らいん@おおさか」の拡充について