ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 追手門学院大学との連携による「プログラミング学習における此花区内小学校教員向け研修」を実施します

報道発表資料 追手門学院大学との連携による「プログラミング学習における此花区内小学校教員向け研修」を実施します

2021年7月19日

ページ番号:539886

問合せ先:此花区役所 市民協働課(教育支援・環境)(06-6466-9743)

令和3年7月19日 14時発表

 大阪市此花区役所は、追手門学院大学の協力のもと、プログラミング学習の充実のため小学校教員研修を実施します。

 プログラミング学習は、小学校において令和2年度から必修化され、学校において児童に「コンピューターに意図した処理を行うよう指示することができること」を各教科等の学習内容と関連づけながら学習し、「情報活用能力」に含まれる「知識・技能」や「思考力・判断力・表現力」といった資質や能力を育成することを目的としています。

 また、大阪市ではGIGAスクール構想に基づき、一人一台の学習用端末が配備され、児童がコンピューターに触れ合う機会が飛躍的に増えることになり、さらに此花区においては、今年4月より全小学校に年間を通して人型ロボットを配置し、プログラミング学習における積極的な活用を進めていくことから、教員はこれまで以上に専門的な知識や技能が求められることになります。

 この度、追手門学院大学と連携して実施することにより、本研修を受講する教員は、大学の専門的なアドバイスを受けることができ、大学は、本研修に携わる学生たちが大学では学修できない地域の小学校支援ボランティアとしての社会経験を得られるものであり、両者にとってメリットのある取組です。

1 日時

令和3年7月26日(月曜日)14時30分から16時まで

2 場所

此花区役所 3階講堂(大阪市此花区春日出北1-8-4

3 内容

(1) 講演

「プログラミング教育の必要性について ~ 海外の教育事情を踏まえ、日本の教育のあり方を考える ~ 」

講師  福田 哲也氏(追手門学院 初等中等部ロボット・プログラミング教育推進室室長)

 

(2) ワークショップ

講師及び追手門学院大学の学生数名のサポートによるワークショップ

  • 小学校理科のA領域である「豆電球のプログラミング制御」
  • プログラミング的思考を高めるロボット制御

4 受講予定者

此花区内各小学校のICT担当の教員

5 取材について

  • 取材を希望される方は開催日当日の12時までに、問合せ先まで電話にてご連絡ください。また、受付時に氏名・社名・連絡先の提供にご協力をお願いします。
  • 取材受付は会場にて講演の開始予定時刻の30分前から開始予定時刻まで行います。
  • 取材中は必ず市政記者カード、社員証(記者証)、又は自社腕章のいずれかを見えやすいところに着用してください。腕章等を着用しない方の会場への入場はお断りすることがありますのでご注意ください。
  • 取材中は進行の妨げにならないよう、職員の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。
  • マスク着用等の咳エチケットの徹底や会場前に設置の消毒液による手指消毒にご協力をお願いします。また、発熱等の症状のある方は取材をご遠慮ください。

 

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 追手門学院大学との連携による「プログラミング学習における此花区内小学校教員向け研修」を実施します