ページの先頭です

報道発表資料 大阪市公立学校・幼稚園教員採用選考テストにおけるボランティア加点を試行実施します

2018年3月22日

ページ番号:430219

問合せ先:教育委員会事務局 教務部 教職員人事担当(06-6208-9120)、総務部 教育政策課(06-6208-9161)

平成30年3月22日 14時発表

 大阪市教育委員会は、平成32年度大阪市公立学校・幼稚園教員採用選考テストにおいて、ボランティア加点を試行実施します。

 大阪市は、こどもの貧困対策の一環として、地域・大学等教育機関・企業・行政の協働により社会全体でこどもを支える仕組みづくりに取り組むこととしています。

 今回、その具体策として、放課後の学校での学習支援や、こども食堂やこどもの居場所づくりにおける学習支援等にボランティアとして参加した学生等に、教員採用選考テストで加点する制度を試行実施します。

 この制度により、経済的に恵まれないこどもたちの学習支援をする場へ学生等の参加を促進するとともに、ボランティアとして実践的な経験を積んだ学生等を教員として積極的に採用していきます。

制度の概要

加点の要件

大阪市内で実施された加点対象事業に参加し、幼児児童生徒の学習支援を含む活動に従事した活動実績が、教員採用選考テストに応募する前年度において30回以上あり、そのことを実施団体から証明されていること

加点内容

全校種教科の受験者が加点対象

 注:次の選考及び特例で受験される方は、加点対象外とします

  • 大学院進(在)学者対象選考
  • 前年度1次合格者特例
  • 大学推薦特別選考特例
  • 大阪市教師養成講座修了者特例

 注:次の加点と合わせて申請することはできません

  •  英語の免許状・資格を有する受験者に対する加点 
  •  英語の資格を有する受験者に対する加点
  •  特別支援学校教諭の普通免許状を有する受験者に対する加点

第1次試験において、面接テスト受験者の総合得点に20点の加点(900点満点)

適用時期

平成31年度実施の教員採用選考テストにおいて試行実施

(ボランティアの活動認定は平成30年4月から)

加点対象事業

次に掲げる全ての要件を満たす事業で、大阪市が認めるもの

  • 大阪市が運営する「大阪市市民活動総合ポータルサイト別ウィンドウで開く」に登録する団体が実施する事業であること
  • 大阪市市民活動総合ポータルサイト別ウィンドウで開く」でボランティアを募集しており、活動内容に幼児児童生徒の学習支援が含まれ、大阪市内において通年(1年のうち10か月以上)で恒常的に実施される事業であること
  • ボランティアが、原則、無償で参加する事業であること

     注: 交通費などの費用弁償程度は無償の範囲に含む

     注: 最低賃金程度以下の謝礼金の支給は認める

  • 実施団体が、活動への参加者からの依頼に対して、教育委員会所定の様式において、活動実績の証明ができる事業であること

問合せ先

  • 加点内容に関すること 教育委員会事務局 教務部 教職員人事担当(06-6208-9120)
  • 加点対象事業に関すること 教育委員会事務局 総務部 教育政策課(06-6208-9161)

探している情報が見つからない