ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪市立都島工業高等学校における奨学金関係書類の誤廃棄による事務処理遅延について

報道発表資料 大阪市立都島工業高等学校における奨学金関係書類の誤廃棄による事務処理遅延について

2019年4月23日

ページ番号:468604

問合せ先:教育委員会事務局 指導部 高等学校教育担当(06-6208-9178)

平成31年4月23日 14時発表

 大阪市立都島工業高等学校(以下「当該校」という。)において、奨学金関係書類の誤廃棄により、事務処理が適正に行われていなかったことが明らかになりました。

 このたびの事案が発生したことにつきまして、関係の皆様にご迷惑をおかけしたこと、また、市民の皆さまの信頼を大きく損なうことになりましたことを、心から深くお詫び申しあげます。 

 今後このようなことが起こらないよう、再発防止に努めてまいります。

1 概要と事案の経過

 平成31年4月15日(月曜日)、奨学金事業を行う機関(以下「関係機関」という。)から当該校に対し、平成30年度の奨学金貸付金額確認にかかる「収入状況届出書」(以下「届出書」という。)が未提出であるとの連絡がありました。

 当該校において、確認を行ったところ、届出書が見当たらないこと及び事務処理が行われていないことが分かり、当該校内をくまなく捜索しましたが、発見することができませんでした。

 また、担当職員に確認したところ、平成30年6月下旬に対象生徒の保護者あての届出書が関係機関より当該校に届きましたが、平成30年度3年生(30名分)については、対象生徒の保護者への配付、回収後の事務を失念し、平成30年度1年生(30名分)及び2年生分(32名分)については、届出書を保護者に配付することを失念するとともに、平成30年12月中旬の文書整理の際に、回収した届出書と配付すべきであった届出書を誤って廃棄したことにより、関係機関への提出ができていないことが判明しました。

2 対象者数及び記載されていた個人情報

  • 平成30年度3年生(30名分)
      学校名、生徒名、保護者名、電話番号、所得を証明する資料
  • 平成30年度1年生(30名分)・平成30年度2年生(32名分)
     学校名、生徒名

当該資料に記載されている個人情報については、廃棄したことから外部への漏えいはありません。

3 判明後の対応

 平成31年4月23日(火曜日)に、全在校生の保護者宛ての謝罪文書を配付、関係卒業生の保護者へは郵送するとともに、同年4月25日(木曜日)に関係在校生の保護者を対象にした説明会を、同年4月26日(金曜日)に関係卒業生の保護者を対象にした説明会を開き、経過説明と謝罪を行います。

 また、関係機関に対しても経過説明と謝罪を行い、すみやかに書類を作成し提出することで、当該生徒への奨学金支給は継続して行うことを承諾していただきました。

4 原因

 重要書類の収受にかかる管理が適切になされず、また、管理職による事務の進捗管理ができておらず、担当職員のみで事務を進めていたことが原因と考えられます。

5 再発防止策

 当該校における重要書類を取り扱う事務処理等について、管理職が進捗管理を行う体制を再構築するとともに、複数人によるダブルチェックを確実に行う体制を整え、再発防止を徹底してまいります。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪市立都島工業高等学校における奨学金関係書類の誤廃棄による事務処理遅延について