ページの先頭です

報道発表資料 大阪連続講座「平成の大阪をふりかえる」及び企画展示を開催します

2019年5月24日

ページ番号:469495

問合せ先:中央図書館 利用サービス担当(06-6539-3326)

令和元年5月24日 14時発表

 大阪市立中央図書館では、令和元年7月に、「平成の大阪」をテーマにした連続講座を開催します。

 2019年は平成から令和へ改元された新しい時代のはじまりの年です。1989年に改元され、約30年続いた平成には、印象に残るような出来事が数多く起こりました。

 今年の大阪連続講座では「平成の大阪をふりかえる」と題し、4名の講師に、平成時代のトピックスを切り口に大阪の歴史や文化についてさまざまな視点でお話をうかがいます。

 あわせて、ケース展示「平成の大阪をふりかえる -その前史とともに -」、WEBギャラリー「『平成の大阪』前史」も開催します。

(注)くわしくは大阪市立図書館ホームページ 令和元年度大阪連続講座をご覧ください。

(大阪名所)地下鉄高速度電車の画像

(大阪名所)地下鉄高速度電車(大阪市立図書館デジタルアーカイブより)

1 令和元年度大阪連続講座「平成の大阪をふりかえる」

開催日程
  • 第1回 令和元年7月6日(土曜日)
  • 第2回 令和元年7月13日(土曜日)
  • 第3回 令和元年7月20日(土曜日)
  • 第4回 令和元年7月27日(土曜日)
開催時間
各回、14時から16時(開場13時30分)
定員

各回300名(当日先着順、入場無料)

(注)手話通訳を希望される方は、各回とも開催日の2週間前までに、参加者の名前、ふりがな、ファックス番号、参加希望回次(第1回~第4回)を明記し、ファックスでお申し込みください。ファックスをお持ちでない方は、来館にてお申込みください。

ファックス番号 06-6539-3335

大阪市立中央図書館 (大阪市西区北堀江4-3-2) 

会場
各回、大阪市立中央図書館 (大阪市西区北堀江4-3-2) 5階 大会議室
第1回 令和元年7月6日(土曜日)「大阪市営地下鉄の歴史とOsaka Metro(オオサカメトロ)誕生」

 平成30年(2018年)年4月1日に大阪市交通局が民営化して、Osaka Metroに生まれ変わってから1年あまりが経ちました。大阪の地下鉄が街の発展にどうつながっていったかをふりかえるとともに、民営化で変わったことや変わらないこと、また鉄道が人々の生活にどう関わっているのかを考えます。

講師:伊原薫(いはら かおる)氏 (鉄道ライター)

第2回 令和元年7月13日(土曜日)「平成時代の文楽」

 文楽(義太夫節の人形浄瑠璃)は、大阪で生まれ育った伝統芸能です。平成20年(2008年)には「人形浄瑠璃文楽」がユネスコ無形文化遺産にも登録されています。本講演では、大阪を代表する芸能の一つである文楽の歴史をたどりながら、特に平成時代の文楽をふりかえり、その成果や変化、課題などについてお話しいただきます。

講師:久堀裕朗(くぼり ひろあき)氏 (大阪市立大学大学院文学研究科教授)

第3回 令和元年7月20日(土曜日)「大阪と防災-阪神・淡路大震災、大阪府北部地震、台風21号-」

 大阪湾沿岸には縄文時代の遺跡が極端に少ないのは、人が住んでいなかったのではなく、遺跡の大半が、過去に発生した津波と高潮によって流失したためです。このように、大阪は歴史的かつ地域的に、災害の危険性が高い地域です。今後の災害に備え、これまでの災害をふりかえり、防災、減災について解説します。

講師:河田惠昭(かわた よしあき)氏 (関西大学社会安全学部社会安全研究センター長・特別任命教授)

第4回 令和元年7月27日(土曜日)「平成の博物館とその前史-学芸員が見た時代の変化-」

 平成5年(1993年)に、講師が大阪市立博物館の学芸員となられてから26年の間に、大阪の博物館界は大きな変貌を遂げました。一方、明治から昭和にかけても、多様で豊かな博物館施設の展開がみられます。大阪の一学芸員として体験された博物館の歩みとその前史についてふりかえります。

講師:船越幹央(ふなこし みきお)氏 (地方独立行政法人大阪市博物館機構 学芸員)

2 ケース展示「平成の大阪をふりかえる-その前史とともに-」

 平成の大阪で起こった主な出来事とその前史について、当館所蔵の関連資料を展示します。

 

期間

令和元年6月21日(金曜日)から9月18日(水曜日)

(注)期間中の休館日:7月4日(木曜日)、7月18日(木曜日)、8月1日(木曜日)、8月15日(木曜日)、9月5日(木曜日)

会場
大阪市立中央図書館 (大阪市西区北堀江4-3-2) 閲覧室3階 エレベーター前

3 WEBギャラリー展示「『平成の大阪』前史」

 ユネスコ無形文化遺産になった「人形浄瑠璃文楽」、Osaka Metroに生まれ変わった大阪市営地下鉄など、平成の時代に大阪で大きな動きのあったものをテーマに、それぞれの変遷を江戸期から昭和初期の当館所蔵資料のデジタル画像でふりかえります。
期間
令和元年6月1日(土曜日)から8月31日(土曜日)

取材について

  • 取材を希望される場合は、イベントの2日前の17時までに、中央図書館利用サービス担当(06-6539-3326)までご連絡ください。
  • 取材に際しては、自社腕章、社員証(記者証)、又は「市政記者カード」 のいずれかを見えやすいところに着用してください。腕章等を着用していない方の入室はお断りすることがありますのでご注意ください。
  • 取材中は、イベントの進行を妨げないよう、職員の指示、誘導に従っていただくなどご協力をお願いします。

探している情報が見つからない