ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立生涯学習センターの指定管理者を募集します

2019年6月27日

ページ番号:473475

問合せ先:教育委員会事務局 生涯学習部 生涯学習担当(06-6539-3345)

令和元年6月27日 14時発表

 大阪市教育委員会は、現指定管理者の指定期間が令和2年3月31日で満了する大阪市立生涯学習センター(総合生涯学習センター、阿倍野市民学習センター、難波市民学習センター)について、一体的かつ効果的・効率的な管理運営を行い、市民の生涯学習活動を支援し、生涯学習の振興を図ることにより、市民の文化と教養を高め、市民生活の向上に寄与する業務を行うため、指定管理者を募集します。

1.募集する施設

 大阪市立総合生涯学習センター(大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階

 大阪市立阿倍野市民学習センター(大阪市阿倍野区阿部野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階

 大阪市立難波市民学習センター(大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATビル4階

 注:3館を一括しての募集です。

2.指定期間

 総合生涯学習センター、難波市民学習センターは令和2年4月1日から令和7年3月31日まで(5年間)

 阿倍野市民学習センターは令和2年6月1日から令和7年3月31日まで(4年10か月間)

 (阿倍野市民学習センターは令和2年4月1日から5月31日まで臨時休館のため指定期間としません。)

3.申請資格

 募集要項に記載されている要件を満たした法人等、若しくはその連合体(個人での申請はできません。)

4.募集要項の公開

 募集要項は、令和元年7月1日(月曜日)から大阪市教育委員会事務局ホームページにおいて公開します。

5.申請書類の提出

(1)提出期間

 令和元年8月26日(月曜日)から8月30日(金曜日)まで

 午前9時30分から正午まで及び午後1時から午後5時まで

 (注1)上記以外の日時での申請書類の提出は受け付けません。

 (注2)提出場所に必ず持参してください。ファクシミリ、電子メール等による提出はできません。

(2)提出場所

 大阪市教育委員会事務局生涯学習部生涯学習担当

 住所:大阪市西区北堀江4-3-2 大阪市立中央図書館4階

 

6.説明会及び現地見学会

 参加は任意としますが、申請予定者(連合体の場合は代表法人等)は、説明会にできるだけ出席してください。
(1)説明会
(2)見学会

 ア 大阪市立総合生涯学習センター

 イ 大阪市立阿倍野市民学習センター

 ウ 大阪市立難波市民学習センター

 (注)見学会の開始時間等は、参加申込受付後お知らせします。

(3)参加申込方法

 説明会及び現地見学会に参加を希望する法人等は、令和元年7月10日(水曜日)午後5時までに、募集要項に示す所定の様式により、メールで送付してください

 メールアドレス:shitei-gakushu@city.osaka.lg.jp

 (注1)メール件名を「説明会参加申込み」「見学会参加申込み」とし、送信後、電話で受信状況を確認してください。

 (注2)参加人数は1つの法人につき、2名までとします。

(4)その他
  • 来場の際は、公共交通機関をご利用ください。
  • 説明会には、募集要項等の資料は必ずご持参ください。
  • 開始時間に遅れないようにしてください。
  • 施設の休館日に開催するため、集合場所を誤ったり、遅刻されると参加できないこともありますので、ご注意ください。
  • 配布した資料等については、後日、大阪市教育委員会事務局ホームページ上で公表します。

7.質問事項

(1)受付期間
 令和元年7月18日(木曜日)から7月24日(水曜日)午後5時まで
(2)受付方法

 募集要項に示す所定の様式を電子メールで送付してください。(受信状況確認のため、必ず電話連絡してください。)

 電話、来訪など口頭やファクシミリによる質問は受け付けません。

 メール:shitei-gakushu@city.osaka.lg.jp

(3)回答

 令和元年8月7日(水曜日)から、大阪市教育委員会事務局ホームページ上に掲載予定です。

 なお、質問に対する回答について、再度質問を受け付ける場合も詳細は大阪市教育委員会事務局ホームページで公表します。

8.選定方針

 大阪市立生涯学習センター条例第15条の規定に基づき、以下の総合的な観点から、選定会議により公平かつ客観的に審査し、選定します。

  • 生涯学習センターの利用について平等な利用が確保されていること
  • 生涯学習センターの目的に照らし、その効果を最大限に発揮するとともに、市費の縮減が図られるものであること
  • 生涯学習センターの管理・事業運営を安定的に行うことができる経理的基礎及び技術的能力を有していること
  • その他適正な管理を行うことに支障がないこと

 また、申請を行った者に対し、質疑・ヒアリングや提案内容のプレゼンテーションの実施を求めることがあります。

9.選定結果等

 上記「8.選定方針」の基準に照らして総合的に考慮し、最も適当であると認められる内容の指定申請をした法人等を指定管理予定者に選定します。

 選定結果については、全ての申請団体の名称を含め、申請者全員に書面で通知するとともに、大阪市ホームページ等により市民に公表します。

 指定管理予定者は、市会での議決を経た後に大阪市教育長が指定管理者として指定し、大阪市がその旨を公告します。

 選定後、万が一合意に至らなかった場合や辞退した場合は、次点の候補者が指定管理予定者に繰り上がります。

探している情報が見つからない