ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立小林小学校の窓ガラスにひびを入れられる被害がありました

2019年7月29日

ページ番号:476747

問合せ先:教育委員会事務局 指導部 初等教育担当(06-6208-9196)

令和元年7月29日 17時25分発表

大阪市立小林小学校において、窓ガラスにひびを入れられる被害がありました。

1 発生日時

令和元年7月26日(金曜日)17時30分頃から7月29日(月曜日)8時までの間

2 発生場所

大阪市立小林小学校(大阪市大正区小林東2-4-45

3 被害状況

東校舎2階と3階の間にある踊り場の窓ガラス1枚に、蜘蛛の巣状のひびが入っていました。

これによるけが人、その他の被害はありません。

4 経過

  • 令和元年7月29日(月曜日)午前8時頃、出勤途中の教員が、東校舎階段2階と3階の間にある踊り場の窓ガラスにひびが入っていることに気付きました。
  • 同日、午前9頃、校長が警察へ通報し、警察が現場検証を行い、窓ガラスは内側から力を加えられてひびが入っており、同階段の1階と2階の間の踊り場にある窓ガラスの鍵が開いていたことが判明しました。
  • ひびが入った窓ガラスについては、現在、新しい窓ガラスと交換する作業が完了しており、学校は、警察へ被害届を提出する予定となっています。
  • 校内については、荒らされた形跡もなく、盗られたものはありませんでした。

探している情報が見つからない