ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 総合生涯学習センターと神戸学院大学がゲームで学べる防災学習プログラム第2弾「OSAKA防災タイムアタック!-生きぬくチカラ編-」を共同開発しました

報道発表資料 総合生涯学習センターと神戸学院大学がゲームで学べる防災学習プログラム第2弾「OSAKA防災タイムアタック!-生きぬくチカラ編-」を共同開発しました

2019年8月28日

ページ番号:478504

問合せ先:教育委員会事務局 生涯学習部 生涯学習担当(06-6539-3345)

令和元年8月28日 14時発表

同時資料提供:兵庫県教育記者クラブ、兵庫県警民放記者クラブ

   大阪市における生涯学習推進の拠点施設として、まちづくり人材の育成や各種講座の開催、大学等との連携事業、情報の提供等を行っている「大阪市立総合生涯学習センター」と、阪神・淡路大震災の教訓を得て全国に先駆けて社会防災学科を設立し、防災教育の取り組みを進めている「神戸学院大学」が共同して、災害発生時に生き延びるための避難行動と災害への備えを学ぶ防災学習プログラム「OSAKA防災タイムアタック!-生きぬくチカラ編-」を開発し、令和元年9月1日(日曜日)より無料貸し出しを始めます。

   「南海トラフ巨大地震」の発生確率が30年以内に70から80パーセントといわれている中、町内会や学校、企業などでの防災学習にご利用いただければと考えております。

防災学習プログラムキット第2弾

防災学習プログラムキット

1 「OSAKA防災タイムアタック!ー生きぬくチカラ編ー」の特徴 

 プログラムの実施に必要な視聴用DVD、手引書、解答記入シート、振り返りシートがセットになったオールインワンの学習キットです。

 「知識習得」・「ワークショップ」・「ふりかえり」による3部構成で、災害時の心構えや知識を蓄え、避難行動の判断力などを身につけることをめざします。

2 「OSAKA防災タイムアタック!ー生きぬくチカラ編ー」体験会 ~ 「家庭や地域のための防災講座」 ~ を実施します

日時

 令和元年10月1日(火曜日)14時30分から16時30分

会場

 大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室(大阪市北区梅田1-2-2-500大阪駅前第2ビル5階

定員

 30名(先着順)

参加費

 無料

申込み

 来館・電話・ファックス・インターネット

 電話:06-6345-5004

 ファックス:06-6345-5019

 インターネット:「いちょうネット」https://www.manabi.city.osaka.lg.jp/別ウィンドウで開く  「家庭や地域のための防災講座」で検索してください。

3 「OSAKA防災タイムアタック!ー生きぬくチカラ編ー」の無料貸し出しについて

 お住まいの地域で利用していただけるよう、プログラムを無料で貸し出しいたします。
対象

 学校教育・社会教育団体(PTA・地域団体・各種施設等)、市民グループ、その他企業など(個人への貸し出しはできません)

貸出期間

 最大15日間 

貸出数

 1団体につき6セットまで(1セット:4から8名でご利用いただけます)

申込み

 電話・ファックス・来館(当月を含む3か月先まで予約可能)

貸出窓口
貸出方法

 来館のうえ、利用申込書に必要事項を記入

貸出開始

 令和元年9月1日(日曜日)

防災学習プログラム「OSAKA防災タイムアタック!ー生きぬくチカラ編ー」の概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 総合生涯学習センターと神戸学院大学がゲームで学べる防災学習プログラム第2弾「OSAKA防災タイムアタック!-生きぬくチカラ編-」を共同開発しました