ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 第22回大阪市図書館フェスティバルを開催します! ~ 『きょうのごはん』の加藤休ミさんが図書館にやってきます ~

報道発表資料 第22回大阪市図書館フェスティバルを開催します! ~ 『きょうのごはん』の加藤休ミさんが図書館にやってきます ~

2019年9月13日

ページ番号:479560

問合せ先:大阪市立中央図書館 利用サービス担当(06-6539-3326)

令和元年9月13日 14時発表

 大阪市立図書館では、令和元年10月19日(土曜日)から11月24日(日曜日)の期間中、「第22回大阪市図書館フェスティバル」を開催します。

 図書館フェスティバルでは、絵本作家によるワークショップや郷土に関する講座、おはなし会など、数々の催しを通じて本と人、人と人との「出会いの場」を創り出し、図書館の魅力や読書の楽しさを伝えます。大人も子どもも楽しめるプログラムを多数ご用意してお待ちしています。

 11月24日(日曜日)には、『きょうのごはん』(偕成社)や『おさかないちば』(講談社)でおなじみの加藤休ミ(かとう やすみ)さんが中央図書館にやってきます。

 くわしくは大阪市立図書館ホームページ 第22回大阪市図書館フェスティバルを開催します!をご覧ください。

第22回大阪市図書館フェスティバルのロゴ

中央図書館の主な催し

11月24日(日曜日)加藤休ミ ワークショップ「中央図書館定食!?をつくろう!」
『きょうのごはん』表紙画像

『きょうのごはん』
加藤休ミ/作 
(偕成社)

 『きょうのごはん』(偕成社)や『クレヨンで描いたおいしい魚図鑑』(晶文社)など、おいしそうな食べ物をクレヨンで描く絵本作家・加藤休ミさんによる絵本の読み聞かせとワークショップを行います。ワークショップではみんなが描いた絵を合わせて、大きな「中央図書館定食」を作ります。

講師
加藤休ミ氏(クレヨン画家・絵本作家)
日時
令和元年11月24日(日曜日)14時から16時(開場13時30分)
定員

60組(事前申込制 申込多数の場合は抽選)

(注)幼児は、保護者同伴でご参加ください。

(注)大人の方だけの参加も可能です。

会場
大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4-3-2)5階大会議室
申込方法

 令和元年9月13日(金曜日)から11月10日(日曜日)まで、図書館のホームページまたは往復はがき(11月10日(日曜日)必着)で受け付けます。申込多数の場合は抽選になります。

  • ホームページ
     令和元年9月13日(金曜日)から本イベントページ内にある所定の申込フォームで受け付けます。
  • 往復はがき
     参加者の名前、ふりがな、子どもが参加する場合は子どもの年齢、代表者の住所、電話番号、お手伝い係にも参加ご希望の方は【お手伝い係希望】と明記して下記の宛先までお送りください。
    〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2 大阪市立中央図書館 「加藤休ミ ワークショップ」係
    (注)最大4名まで、申し込み可能です。
    (注)一時保育(対象1歳~就学前・先着6名まで)、手話通訳あり。希望の方は2週間前までに、電話06-6539-3326またはファックス06-6539-3336でお申し込みください。
お手伝い係募集

 午前中に、加藤休ミさんと一緒に、色ぬりのお手伝いをしてくださる方を募集します。参加ご希望の方は、ワークショップ申込時に【お手伝い係希望】とお書きください。

  • 日時:令和元年11月24日(日曜日)11時から12時(開場10時30分)
  • 定員:20組(事前申込み・応募多数の場合抽選)
  • 対象:5歳くらいから
  • 会場:大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4-3-2)5階中会議室
11月2日(土曜日)本川達雄×こしだミカトークショー「『ナマコ天国』ができるまで」
『ナマコ天国』表紙画像

『ナマコ天国』
本川達雄/作
こしだミカ/絵
(偕成社)

 「歌う生物学者」としてテレビやラジオなどで自作の歌を披露しつつ、生きもの、時間、エネルギーのことを考え続ける本川達雄先生と、生きものになったつもりで絵を描き、カタチを作り続ける絵本・造形作家こしだミカさん。おふたりが一緒に作った絵本『ナマコ天国』(偕成社)の制作過程、生物や絵本の話などあれこれたっぷりお話いただきます。

講師
  • 本川達雄氏(東京工業大学名誉教授・理学博士)
  • こしだミカ氏(絵本・造形作家)
日時
令和元年11月2日(土曜日)13時30分から15時(開場13時)
定員

300人(当日先着順)

会場
大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4-3-2)5階大会議室
11月23日(土曜日・祝日) 第8回書評漫才グランプリ in OSAKA
いなかのくるまの本人写真

書評漫才グランプリアドバイザー
いなかのくるま(平野区住みます芸人)

第7回書評漫才グランプリの小学生の部の様子

第7回の様子
小学生の部

第7回書評漫才グランプリの中学生以上の部の様子

第7回の様子
中学生以上の部

10代のコンビ・トリオが、おすすめの本を漫才形式で紹介します。
8回目となる今回も、小学生の部、中学生以上の部の2部門で開催します。
書評漫才グランプリアドバイザーの「いなかのくるま」もやってきます。

小学生の部(4年生から)
  • 日時:令和元年11月23日(土曜日・祝日)10時から12時(開場9時40分)
  • 審査員:令丈ヒロ子氏(児童文学作家)/古川綾子氏(国際日本文化研究センター助教・上方演芸研究家)/児玉敏和氏(大阪市立鶴見南小学校長・大阪市学校図書館協議会会長)/三木信夫(大阪市立中央図書館長)
中学生以上の部(19歳まで)
  • 日時:令和元年11月23日(土曜日・祝日)14時から16時(開場13時40分)
  • 審査員:ひこ・田中氏(児童文学作家)/大池晶氏(漫才作家・関西演芸作家協会副会長)/川口伊佐夫氏(大阪市立西高等学校長)/三木信夫(大阪市立中央図書館長)
出場者定員

各12組程度(事前申込み・応募多数の場合書類選考)

(注)応募多数の場合は書類選考を行います。申込時の「この本を選んだ理由・この本への思い」が選考材料になります。
選考結果は10月2日(水曜日)に応募者に連絡します。

出場者申込み

 令和元年9月30日(月曜日)まで、図書館のホームページまたはファックス(9月30日必着)で受け付けています。申込多数の場合は書類選考を行います。

   詳しくは、書評漫才グランプリのチラシや大阪市立図書館ホームページ 書評漫才グランプリをご覧ください。

観覧者定員
各200名(当日先着順)
会場
大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江4-3-2)5階大会議室
そのほかの中央図書館の催し

そのほかの中央図書館の催し一覧

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
地域図書館・自動車文庫の催し

地域図書館と自動車文庫の催し一覧

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
取材について
 取材を希望される場合は、各イベント開催日の前日17時までに、中央図書館利用サービス担当(06-6539-3326)までご連絡ください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 第22回大阪市図書館フェスティバルを開催します! ~ 『きょうのごはん』の加藤休ミさんが図書館にやってきます ~